FC2ブログ

新世界より 第10話「闇よりも」

新世界より 第10話「闇よりも」 です。

<キャスト>
渡辺早季:種田梨沙
朝比奈覚:東條加那子
秋月真理亜:花澤香菜
伊東守:工藤晴香
青沼瞬:藤堂真衣

渡辺早季(14歳):種田梨沙
朝比奈覚(14歳):梶裕貴
秋月真理亜(14歳):花澤香菜
伊東守(14歳):高城元気
青沼瞬(14歳):村瀬歩

スクィーラ:浪川大輔
奇狼丸:平田広明

ナレーション:遠藤綾


<スタッフ>
原作:貴志祐介【新世界より】
監督:石浜真史
助監督:ヤマトナオミチ
シリーズ構成:十川誠志
トータルデザインコンセプト:長澤真
オリジナルキャラクターデザイン:依り
メインキャラクターデザイン:久保田誓
色彩設計:安部なぎさ
美術監督:山根佐帆
音楽:小森茂生
制作:A-1 Pictures


<主題歌>
「割れたリンゴ」
歌:渡辺早季(種田梨沙)


<あらすじ>
渡辺早季は、閉鎖的だが穏やかな田舎町「神栖66町」で幸福に少女時代をおくった。ある日、町の外へ同級生たちと出かけて偶然、小型図書館端末ロボット「ミノシロモドキ」と出会う。質問することにより21世紀前半の超能力者誕生から非能力者との敵対、その抗争から能力者の勝利と文明の崩壊、その後の暗黒時代、町の管理支配の実態といった禁断の知識を知ってしまう。その直後、バケネズミ同士の戦争に巻き込まれ、命からがら町に戻るがしだいに恐ろしいことが起き始める。




<ストーリー>
真理亜から大人たちが瞬を"処分"しようと準備を進めていると聞いた早季は、真相を確かめようと一人、松風の郷へと向かう。暗闇の中、瞬の行方を捜していた早季だったが、その背後から音もなく巨大な猫の化け物・不浄猫が迫っていた。

早季は、松風の郷を抜け、さらに奥の森へとたどり着く。そこには、木々が奇怪にねじ曲がり、見たこともない虫たちがひしめく異様な光景が広がっていた。さまよい歩くうちに朦朧とし始めた意識の中、早季は必死に瞬の"業魔化"を否定しようとしていた。

しかし、早季の願いもむなしく、辛い現実が突きつけられることになる。森の奥でようやく瞬との再会を果たした早季だったが、彼の口から驚がくの事実を知らされる。人間の心の奥底に潜む闇。そこから生じる防ぎようのない災い…。早季は、耳を覆いたくなるような真実に打ちのめされながらも、瞬を救おうと最後まで絶望的な運命に抗うが…!?


なんか老けた気がするけど・・・前回のつづきだよね?作画の人変わったからかな・・・瞬が仮面してるのは作画が間に合わないからか?手抜きですね。

説明パート・・・呪力は無意識下にこそ強い影響を及ぼすってことでおk?動物が奇形したり、虐待されるところを描くとうるさい団体が騒いできますよ・・・そういえば、ちょっと前にそういう団体さんがポケモンは動物虐待だ~とか騒いだ時がありましたよね・・・いま、その問題どうなってるんでしょう?

瞬は逝っちゃった?それともまだ生きてる?早季×瞬の組み合わせでいってほしかったのに・・・

では次回 第11話につづく

関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新世界より 第10話「闇よりも」
『真理亜から大人たちが瞬を"処分"しようと準備を進めていると聞いた早季は、真相を確かめようと一人、松風の郷へと向かう。暗闇の中、瞬の行方を捜していた早季だったが、その背後
新世界より 第10話「闇よりも」
また今回も作風が変わったw キャラが成長したし、半ば概念的な話が多かったのでこれでもいいですけど。 5話で物議をかもした癖のある作画スタッフですね。 独特な雰囲気を持って...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
RSSリンクの表示
ランキング一覧
Twitter

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。