はたらく魔王様! 第8話「勇者、修羅場に突入する」

はたらく魔王様! 第8話「勇者、修羅場に突入する」 です。

<キャスト>
真奥貞夫(魔王サタン):逢坂良太
遊佐恵美(勇者エミリア):日笠陽子
佐々木千穂:東山奈央
芦屋四郎(悪魔大元帥アルシエル):小野友樹
漆原半蔵:下野紘
鎌月鈴乃:伊藤かな恵
鈴木梨香:西明日香
木崎真弓:内山夕実
エメラダ:浅倉杏美
アルバート:安元洋貴
オルバ:宝亀克寿

<スタッフ>
原作:和ヶ原聡司 (電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊)
原作イラスト/キャラクターデザイン原案:029
監督:細田直人
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総監督:碇谷敦
美術監督:高峯義人
色彩設定:手嶋明美
撮影監督:峯岸健太郎
3DCGI:相葉洋
特殊効果:チーム・タニグチ
編集:後藤正浩
音響監督:明田川仁
音楽:中西亮輔
音楽制作:ランティス

<オープニングテーマ>
「ZERO!!」
歌:栗林みな実

<エンディングテーマ>
「月花」
作詞:きみコ / 作曲:佐々木淳
歌:nano.RIPE







<ストーリー>
真奥たちの隣に引っ越してきた鎌月鈴乃。
和服しか持っていないという彼女のため、恵美は一緒に買い物に出かけることに。一方真奥は、本社に赴く木崎に代わり初めて店長代理を任されていた。
しかし、タイミング悪くその日ははす向かいに出来たセンタッキーフライドチキン開店日であり、客足はイマイチ。
そんな時、怪しい風貌の男が店内に入って来る。


ちーちゃんが・・・・ちーちゃんが・・・・・どんどん、残念な子になっていく~~~( ̄▽ ̄;)!!私の中のちーちゃん株が下落してるんですけど。最初はあんなに可憐な子だったのに、どんどん黒くなって、顔芸まで見せるようになってしまった。

魔王がね、もう、消してやりたいわ!なぜ、あそこまでまっすぐな好意を向けられて、そんな態度ができる?もう、場が修羅場になってるよ。それともアレですか?魔王だから、ワザとこういう状況にしてるんですか?

ちーちゃん、可愛い時はマジ天使なんだよな~。鈴乃とヒロインの座をかけて充分渡り合える。勇者は・・・どうでもいいや。

魔王との会話を聞かれたちーちゃん・・・・逃亡wwwデュラハン号が~~~~www

鈴乃・・・勇者にあっさりエンテ~から来たと自白。まぁ、この二人、会話が噛み合ってるようでまったく、噛み合ってなかったってことですかね?周りの目を気にせず堂々と異世界の話をしてると、ただの中二病ですね。周囲の視線が痛い。

勇者と鈴乃のコントも見ごたえあるけど、マックにチョー怪しい客が来たwww。コジロウか?サングラスが怪しすぎる・・・たぶん、サングラスの下はあれですね。オレンジのパンダみたいになってるんでしょ^^

鈴乃が買った販売機の音声って風音様!?こんなの、諭吉をぶっこみまくるに決まってるじゃないですか!!コレ、場所どこ!?新宿?ちょっと駅行って西瓜買ってくる!!

貞夫氏と勇者の関係に興味を持った梨香・・・・楽しんでるだけですね。完全にwww

では次回 第9話「勇者、修羅場を経験する」 につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はたらく魔王さま! 第8話「勇者、修羅場に突入する」
はたらく魔王さま!の第8話を見ました。 第8話 勇者、修羅場に突入する 「つまり自信がないのね」 「だって負けたら立ち直れないじゃないですか」 「あのね…」 「季節感を
はたらく魔王さま! 第8話 「勇者、修羅場に突入する」 感想
巧偽拙誠―
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。