よんでますよ、アザゼルさん。Z 第8話「龍神湖殺人事件(後編)」 

よんでますよ、アザゼルさん。Z 第8話「龍神湖殺人事件(後編)」 です。

<キャスト>
アザゼル篤史:小野坂昌也
佐隈りん子:佐藤利奈
芥辺:浪川大輔
ベルゼブブ優一:神谷浩史
サラマンダー:中井和哉
アンダイン:小林ゆう
堂珍光太郎:白石涼子
モロク:玄田哲章

<スタッフ>
原作:久保保久(講談社「イブニング」連載)
監督:水島 努
キャラクターデザイン・総作画監督:谷口淳一郎
美術監督: 岩熊 茜
プロップデザイン:植田 実
色彩設計:土井 和
撮影監督:荒井栄児
編集:植松淳一
音響監督:若林和弘
音楽:髙木隆次
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:芥辺探偵事務所Z


<オープニングテーマ>
「りばいばる!」
作詞:nyanyannya / 作曲:sham / 編曲:Team.ねこかん[猫]
歌:Team.ねこかん[猫] featuring.米倉千尋

「もももももっさんのテーマ」
作詞:水島努 / 作曲・編曲:高木隆次
歌:なぞのおにいさん(CV:浪川大輔)


<あらすじ>
芥辺探偵事務所で働く女子大生・佐隈りん子。彼女は雇い主である芥辺に素質を見出され、助手として依頼をこなしていくうちに、「悪魔探偵」という芥辺の裏の顔を知ることになる。
ある日、芥辺がグリモアという魔導書を使い魔界から召喚したのは、とんでもなく下品な悪魔・アザゼル。イケニエと引き換えに、依頼に向かったアザゼルだったが、事態は思わぬ 方向に…!?
役に立ちそうで立たない個性豊かな悪魔たちと佐隈の騒がしい日々は今日も続いて行く…。





<ストーリー>
福引で当てた龍神湖温泉への旅行中、事件に巻き込まれてしまった佐隈とアザゼル。なんと知り合ったばかりの花崎まゆの先輩、西村健作が血まみれで廊下に倒れていたのだ。容疑者特定のためロビーに集まる一同を前に、花崎は夕食前に西村とブロガーの小林芳子が揉めていたことを報告する。偶然居合わせた刑事・羽柴総司の追及に小林は突然逃げ出し、荒波が打ち寄せる岬に消えてしまった。次々と浮かんでは消える容疑者たち。捜査は難航しかけたかと思えたその時、抜群の推理(?)によって真犯人『怒れる龍神』の正体を言い当てたのはなんとアザゼルだった!?


いや、なんかね、ツッコミどころをツッコムのも疲れるわwwサスペンス風にまとめてるけど、ただのパロディですよね。キャラクターがいろいろ最低www
サスペンス物のクライマックスといえばやっぱり、断崖絶壁!!でも危ないですよ。こんなに荒れた天候のなか崖に追い詰めちゃ・・・ほら、やっぱり落ちた。また、新たな殺人事件が・・・・(* ̄□ ̄*;悪魔より人間が最低を超えた最悪ってことですね。

べーやんがいれば事件はあっさり解決でしたが、残念ながら今回いるのは役に立たないアザゼルさんです。ここは意地を見せないと!!新能力発動!!!!

なんと、アザゼルさんは合体した者同士の間に、太くてぶっといピンクのラインを見ることができるのだ!うわ~無駄な能力・・・でも今回は少し役に立ちました。
それにしても、女将・・・見境無いなwww

花崎・野呂ペア・・・この部屋の惨状にはさすがにビックリだ!!そりゃ取り乱すわwwwwでも、一番大変なのはこれを掃除しなければいけない旅館の従業員ですね。

くそ、2週も引っ張ってただの事故かよ・・・・個々の性癖が露見しただけじゃないかwwwアザゼルさんの言う通り、無駄な前後編だった。まぁ爆笑したからいいか^^

では次回 第9話「博物館へようこそ」 につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎よんでますよ、アザゼルさん。Z第8話龍神...
o)リン:殺人事件がおきた、西村氏を殺人したのは誰なのかc)心当たりがあります、この人がやったんです、西村さんとこの人がもめてたんです:殺してやるってこれは犯罪予告だ>貴様だコ...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。