革命機ヴァルヴレイヴ 第11話「軍事法廷第54号」

革命機ヴァルヴレイヴ 第11話「軍事法廷第54号」 です。

<キャスト>
時縞ハルト:逢坂良太
エルエルフ:木村良平
指南ショーコ:瀬戸麻沙美
流木野サキ:戸松遥
犬塚キューマ:小野友樹
櫻井アイナ:茅野愛衣
野火マリエ:福圓美里
霊屋ユウスケ:吉野裕行
山田ライゾウ:中村悠一
連坊小路サトミ:浪川大輔
二宮タカヒ:寿美菜子
アキラ:悠木碧
貴生川タクミ:羽多野渉
七海リオン:堀江由衣
アードライ:福山潤
ハーノイン:宮野真守
イクスアイン:細谷佳正
クーフィア:梶裕貴
カイン:小野大輔
クリムヒルト:水樹奈々


<オープニングテーマ>
「Preserved Roses」
作詞:井上秋緒 / 作曲・編曲:浅倉大介
歌:T.M.Revolution×水樹奈々

<エンディングテーマ>
「僕じゃない」(1st)
歌:angela

「そばにいるよ」(2nd)
歌:ELISA





総理が決まって、大臣も決まって、・・・たんなる茶番ですね。そして、強姦魔の主人公は一人なやんでます。
日常の茶番パートはどうでもいいので、戦闘作画の評価に・・・

一人旅団さんの読みは今日も絶好調です。ところで、この戦闘展開考えたのは誰?逃げるふりをする77を追撃するドルシア軍・・・MAP兵器があるのにわざわざその範囲内に軍を展開してるなんて・・・なんて親切な敵なんでしょう。MAP兵器外に部隊を配置するなんてスパロボの基本なんですけどね。
ハラキリブレードの情報があるのに、この部隊配置はない。

予言めいた読みをする一人旅団さんも、カイン大佐の奇襲は読めなかった?いやいや、ないない。この襲撃は私でも読めましたよ。

サンダーと犬さんは帰還を妨害されたのに、動けない1号機を運んでいたサキが妨害されなかったのはなぜ?

ハルト「流木野サキさん、この戦いが終わったら、僕と結婚してください」

なんて、テンプレ通りの死亡フラグ・・・・この主人公ウザイは~。昨日までショーコのこと好きだったくせに強姦した責任とって結婚ってわけですか。でも、ハルトってまだ、ショーコの父親自分が殺したことを知らないんですよね。これで、父親が実は生きてました~ってなったら「え~」だけど、この責任はどうとるんでしょうね・・・

では次回 第12話「起動する異端者」 につづく。

6号機に乗るのは誰かな?この異端者がどんな意味かですよね。候補としては、アキラかな?それとも、唯一敵に奪取される機体だから、異端者なのか・・・開発系統が違うって意味で異端者なのか・・・

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。