ストライク・ザ・ブラッド 第3話「聖者の右腕編Ⅲ」

ストライク・ザ・ブラッド 第3話「聖者の右腕編Ⅲ」 です。

<キャスト>
暁古城:細谷佳正
姫柊雪菜:種田梨沙
藍羽浅葱:瀬戸麻沙美
暁凪沙:日高里菜
矢瀬基樹:逢坂良太
南宮那月:金元寿子

アヴローラ:石原夏織
オイスタッハ:三宅健太
アスタルテ:井口裕香

<スタッフ>
原作:三雲岳斗
原作イラスト:マニャ子
監督:山本秀世
チーフディレクター:佐野隆雄
シリーズ構成:吉野弘幸
キャラクターデザイン:佐野恵一
メカニカルデザイン:明貴美加
プロップデザイン:明珍宇作、井嶋けい子
美術監督:渡辺三千恵
背景スタジオ:GREEN
色彩設計:但野ゆきこ
3DCGIスタジオ:IKIF+
撮影監督:廣岡岳
編集:坪根健太郎
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:ASSUMED SOUNDS
アニメーション制作:SILVER LINK. / CONNECT

<オープニングテーマ>
「ストライク・ザ・ブラッド」
作詞・作曲:岸田 / 編曲:岸田教団&THE 明星ロケッツ
歌:岸田教団&THE 明星ロケッツ

<エンディングテーマ>
歌:井口裕香


<イントロダクション>
“第四真祖”・・・それは、伝説の中でしか存在しないはずの、世界最強の吸血鬼。
十二体もの眷獣を従え、災厄を撒き散らすといわれる幻の吸血鬼が、日本に出現したという。
その、“第四真祖”を監視・抹殺のため政府・獅子王機関は“剣薙”と呼ばれる降魔師の派遣を決定。対真祖用の最強の霊槍を従え、魔族特区“絃神市”を訪れる雪菜。
そこで彼女が遭遇した“第四真祖”暁古城の正体とは・・・!



■第3話とストーリーと...
殲教師たちとの戦いから一夜明け、戦いの現場には大きな爪痕が残っていた。自らの眷獣を制御できない事実を聞き驚いた雪菜だったが、第四真祖に転生した古城だったが未だ、眷獣との主従関係を確率できていない古城・・・普段は抑えられているもののいざ戦闘が始まると暴走してしまう事実を知る。
戦闘から姿を消したオイスタッハの行方を追ってある実験施設へ侵入するのだが・・・・


■考察と感想と...
雪菜ちゃんのちょろさといったら・・・世間知らずにも程があります。それにしても、何かフラグ立ちそうなことってそんなにありましたっけ?バトルものとしては至極当然の展開が続いているような?もしかして、本当にただのタイプだからコロっといっちゃったりして・・・そして、あからさまに古城への嫉妬心をむき出しにする浅葱・・天才プログラマーですか。最近のアニメで電子戦に強い人っていい印象のキャラいないんですよね。引きこもりだったり、引きこもりだったり、引きこもりだったり・・・この子はヤンデレ?
戦闘中、首がマミってしまいましたが、まぁ助かるんでしょうね。

■まとめと次回予告と...
吸血鬼って首と胴が切り離されたら死ぬんじゃなかったでしたっけ?この作品では違うのかな・・・そういえば、DIO様も首だけで生きてましたね。首と胴が離れて死ぬのは鬼かな?古城さん吸血童貞らしいですが、初めては雪菜ちゃんか・・・吸血鬼にとって『処女の生き血』は至高の存在らしいので貫通することはないと思いたい・・・です。

では次回 第4話「聖者の右腕編Ⅳ」 につづく。

あ、もしかして、「聖者の右腕」ってゴールドフィンガーのことか?童貞すてるから、右手とおさらば!ってことですか!?
関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ストライク・ザ・ブラッド「第3話 聖者の右腕篇III」/ブログのエントリ
ストライク・ザ・ブラッド「第3話 聖者の右腕篇III」に関するブログのエントリページです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。