アウトブレイク・カンパニー 第11話「深く静かに陰謀せよ」

アウトブレイク・カンパニー 第11話「深く静かに陰謀せよ」 です。

<キャスト>
加納慎一:花江夏樹
ミュセル・フォアラン:三森すずこ
ペトラルカ・アン・エルダント三世:渕上舞
古賀沼美埜里:内田真礼
エルビア・ハーナイマン:上坂すみれ
的場甚三郎:藤原啓治
ガリウス・エン・コルドバル:三木眞一郎
ザハール宰相:一条和矢

<スタッフ>
原作:榊一郎「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」
原作イラスト・キャラクター原案:ゆーげん
監督:及川 啓
シリーズ構成:荒川稔久
キャラクターデザイン:豆塚 隆
色彩設計:岩井田 洋
美術監督:池之上由紀
撮影監督:中村雄太
編集:平木大輔
音響監督:えのもとたかひろ
音楽:井内啓二
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:feel.


<オープニングテーマ>
「ユニバーページ」
作詞・作曲:渡辺翔 / 編曲:増田武史
歌:三森すずこ

<エンディングテーマ>
作詞・作曲・編曲:ゆうゆ
歌:ペトラルカ・アン・エルダント三世(CV:渕上舞)


<イントロダクション>
高校中退、いわゆる自宅警備員!!からの~、やっと決まった就職先は・・ドラゴンが飛翔する異世界だった!
生粋のオタクである主人公・加納慎一・・・彼に与えられた使命は異世界との交流のためのオタク文化の伝導!?幼女にメイドに獣耳、巨乳に腐女子にメガネっ娘そんな萌え要素に満ちたリア充生活が今始まる!!

“萌え”は世界を変えるのか!?それとも、“破滅”に導くのか!?






■第11話とストーリーと...
動画の流出事件も収束し、いっそう、オタク文化の普及にやる気になる慎一・・・しかし、オタク文化が浸透するほど需要と供給のバランスが崩れてきてしまい、充分な物資が配給されなくなってきてしまった。
物資の普及を政府に言及する慎一だが、なぜかあまり進展がなかった。そんな中真一は政府のある策略が潜んでいることを知ってしまい・・・

■考察と感想と...
やはり日本政府はクズだった・・・貴重な資源に溢れ誰もその所有権を主張しない場所、こんな金のなる木を政府が手放すはずがないかったわけですね。当然と言ったら当然ですね。せっかく最初は純粋にオタク文化の普及を喜んでいたのに・・・。しかし、実際にこの二つの世界が戦争になったらどっちが勝つんでしょう?
近代兵器と魔法、誰が使っても威力の変わらない兵器。個人で威力に差がある魔法・・・前者が勝ちそうですが。
政府の陰謀を阻止するため、慎一の取った策が素晴らしい・・・立場が悪くなりそうですが。



■まとめと次回予告と...
供給されないなら自分たちで生産しちゃいましょう^^素晴らしい。エルダントの人々はそんなに馬鹿じゃないから日本政府の思惑なんて薄々気付いていたっぽいですね。新しい文化を産み出し創ることは大変ですが、果たしてうまくいくのか・・・?逸材が揃ってるっぽいので軌道にのればあっさり行きそうです。

では次回 第12話「侵略者を撃て!」 につづく。

2期プリーズ^^


関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。