FC2ブログ

マギ~The kingdom of magic~ 第25話「おかえりなさい」

マギ~The kingdom of magic~ 第25話「おかえりなさい」 です。

<キャスト>
アラジン:石原夏織
アリババ・サルージャ:梶裕貴
モルジアナ:戸松遥 
シンドバッド:小野大輔 
練白瑛:水樹奈々
練紅玉:花澤香菜
練白龍:小野賢章
トト:阿澄佳奈
ムー・アレキウス:宮野真守
ミュロン・アレキウス:高垣彩陽
ロゥロゥ:谷山紀章
ティトス・アレキウス:松岡禎丞
スフィントス・カーメン:逢坂良太
マイヤーズ:井上喜久子
マタル・モガメット:チョー
マルガ:洲崎綾

ジュダル:木村良平
シェヘラザード:坂本真綾
ユナン:石田彰
ウーゴくん:森川智之

<スタッフ>
原作:大高忍
監督:舛成孝二
シリーズ構成:吉野弘幸
助監督:林直孝
キャラクターデザイン:赤井俊文
コンセプトデザイン:竹内志保
エフェクトアニメーション:橋本敬史
美術設定:谷内優穂
色彩設計:鈴木依里
撮影監督:関谷能弘
編集:三嶋章紀
音響監督:菊田浩巳
音楽:鷺巣詩郎
アニメーションプロデューサー:清水暁
制作:A-1 Pictures
製作:マギ製作委員会


<オープニングテーマ>
「ANNIVERSARY」
作詞:マオ / 作曲:御恵明希/編曲:シド
歌:シド

「光-HIKARI-」
作詞:SHIN / 作曲:RENO / 編曲:岸利至、ViViD
歌:ViViD

<エンディングテーマ>
「エデン」
作詞・作曲:太志
歌:Aqua Timez

「With You/With Me」
作詞・作曲:OZO / 編曲:tasuku tohyama
歌:9nine


<イントロダクション>
マグノシュタット学院とアル・サーメンの関係を探るためマグノシュタットに留学したアラジンは、1年間で実力を伸ばし優秀特待生になっていた。その中で、レーム帝国のマギ、シェヘラザードの部下である天才魔導士ティトスと出会う。そんなある日、ティトスとルームメイトのスフィントスと共に、5等許可区の国民がマグノシュタットの地下で魔力を吸い上げられていることを知る。そのことを学長であるモガメットに抗議するも想いは通じず、さらに、ティトスの「死にたくない」という気持ちが原因でマグノシュタットとレーム帝国、そして煌帝国を交えた三つ巴の戦争が始まってしまう。






■第25話とストーリーと...
集結した13人の魔装戦士の力を持っていしても憑代に決定打を与えることはできずにいた・・・マゴイも残り少なくなってきたその時、シェヘラザートの使った最後の調律魔法によりマゴイが回復した魔装戦士は全員の極大魔法を合わせた一撃を放つ・・・。しかし、それでも憑代を破壊し切ることができなかったことに打ちひしがれるアリババたち。そんな中、黒いルフのみで生成されているはずの憑代の中に一縷の光が灯し始めたことに気がついた・・・


■考察と感想と...
最終回なんですが・・・よけいな笑いはいらないです。レームが誇る3人のダンジョン攻略者達・・・その中の一人、おかっぱ頭の人(名前忘れました)この人、とんだ役たたずですwwたしかこの人って開戦前、けっこう偉そうなこと言ってましたよね?一体何しに来たんだか。
でも、この人本当に要りませんでした。極大魔法によって精製された魔法陣・・・この人がいたらうまくできなかったんじゃないでしょうか?

戦争の決め手になったのは他人を思いやる心・・・堕天した魂達と旅立つモガメットを見送るアラジンとヤムライハ・・・・終結したかに思えるマグノシュタットの大戦だが真の黒幕はいまだに闇の中にいる・・・か。



■まとめ
本当にいいところで終わりますよね。白龍がまったく活躍してないのが気になりますが・・・もしかして堕天してます?とにかく今は原作のストックを貯めて3期を熱望します。

マギ -The kingdom of magic- #24-1



関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。