ソウルイーターノット! 第6話「ここはリアルファイト!」

ソウルイーターノット! 第6話「ここはリアルファイト!」 です。

<キャスト>
春鳥つぐみ:千菅春香
多々音めめ:悠木碧
アーニャ・ヘプバーン:早見沙織
茜:櫻井孝宏
クレイ:山下誠一郎
エターナルフェザー:小松未可子
カナ・アルタイル:小岩井ことり
キム・ディール:斎藤千和
ジャグリーン・オー・ランタン・ヂュプレ:沖佳苗
シド・バレット:木村雅史
マカ=アルバーン:小見川千明
ソウル=イーター:内山昂輝

<スタッフ>
原作:大久保鷹
監督/シリーズ構成:橋本昌和
キャラクターデザイン/総作画監督:小池智史
アニメーション制作:ボンズ
製作:ソウルイーターノット!製作委員会


<オープニングテーマ>
「monochrome」
作詞:meg rock / 作曲・編曲:kz(livetune)
歌:Dancing Dolls

<エンディングテーマ>
「夕暮れハッピーゴー」
作詞;大森祥子 / 作曲・編曲:宮崎誠
歌:春鳥つぐみ(CV:千菅春香)、多々音めめ(CV:悠木碧)、アーニャ・ヘプバーン(CV:早見沙織)


<イントロダクション>
どこをとっても普通な少女“春鳥つぐみ”
忘れすぎ少女“多々音ねね”
天邪鬼お嬢様“アーニャ・ヘプバーン”
三人の少女達が死武専を舞台に紡ぐ、殺伐だけどウキウキ学園ライフ!



■第6話とストーリーと...
「ブルックリンの悪魔」として恐れられている武器姉妹・トンプソン姉妹・・・保護観察処分を受けた二人は社会奉仕として「DEATHBUCKS CAFFE」のウェイトレスとして働くことに・・・そんな二人とすっかり常連になったつぐみ立ち3人との出会いはなにをもたらすのか・・・

■考察と感想と...
銃姉妹のリズとパティ・・・こんな性格でしたっけ?性格が変わったのは二人だけではありません。めめとアーニャもなにやら妙な映画に感化されなんだかおかしくなっています。・・・・作中では春なんでしょうか?プール掃除してたからもうすぐ夏なはずなんですけどね。
つぐみちゃんがどんなに平凡でもやっぱり主人公なんですね。ツッパってた二人がだんだん柔らかくなってきました。それにしてもつぐみちゃんってマスターに憧れてたりする?茜くんに告白?されてたときはかなり動揺してましたが・・・さすが恋に恋する14歳。

■まとめと次回予告と...
最近「ガガントス」聞いてない気がするんですが・・・喫茶店のウエイトレスの態度が悪かったり「ガガントス!」な場面は結構ある気がするんですが・・・流行に乗れなかったのかな?だんだんシリアスになってきてるみたいだからギャグの「ガガントス」はだんだん言えなくなってきちゃいますよ?

では次回 第7話「デスバザー日和!」 につづく。



関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。