ガンダムGのレコンギスタ 第1話「謎のモビルスーツ」

ガンダムGのレコンギスタ 第1話「謎のモビルスーツ」 です。

<キャスト>
ベルリ・ゼナム:石井マーク
アイーダ・スルガン:嶋村侑
ノレド・ナグ:寿美菜子
クリム・ニック:逢坂良太
ルイン・リー:佐藤拓也
マニィ・アンバサダ:高垣彩陽
ラライヤ・マンディ:福井裕佳梨
カーヒル・セイント:森川智之
ドニエル・トス:辻親八

<スタッフ>
総監督:富野由悠季
キャラクターデザイン:吉田健一
メカニカルデザイン:安田 朗、形部一平、山根公利
デザインワークス:コヤマシゲト、西村キヌ、剛田チーズ、内田パブロ、沙倉拓実、倉島亜由美
色彩設計:水田信子
美術:岡田有章
音楽:菅野祐悟
音響監督:木村絵理子
企画・製作:サンライズ

<オープニングテーマ>
「BLAZING」
歌:GARNiDELiA

<エンディングテーマ>
「Gの閃光」
作詞:井荻麟 / 作曲・編曲:菅野祐悟
歌:ハセガワダイスケ


<イントロダクション>
宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。
新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。
R.C.1014年。地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、キャピタル・タワー。
地球上のエネルギー源であるフォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすが故に神聖視された場所である。
そのキャピタル・タワーを守護すべく組織されたキャピタル・ガード候補生のベルリ・ゼナムは、初めての実習の最中、いずれの国の技術でもない高性能モビルスーツ、G-セルフの襲撃を受ける。
作業用モビルスーツのレクテンで交戦したベルリはG-セルフの捕獲に成功する。
しかし、G-セルフを操縦していたアイーダ・レイハントンを名乗る宇宙海賊の少女に何かを感じるベルリ。
それは見たこともないはずのG-セルフに対しても同じだった。
そして、特定条件を満たさなければ動かないはずのG-セルフをベルリは何故か起動させてしまう。
キャピタル・タワーを襲撃する宇宙海賊とアイーダの目的、G-セルフに選ばれたベルリが辿る運命、その果てに待ち受けるリギルド・センチュリー全体を揺るがす真相。

全てはレコンギスタの始まりに過ぎなかったのだ。


■第1話とストーリーと...
R.C.1014年・・・キャピタル・ガード養成学校の候補生ベルリ・ゼナム。2階級飛び級をした優等生である彼は日々宇宙での訓練に勤しんでいた。初の宇宙実習に出ようとしたその時、謎のモビルスーツの襲撃を受ける。
G-セルフの中から飛び降りた謎の少女・ラライヤ、宇宙海賊・アイーダ・・・そして、ベルリ。謎のモビルスーツG-セルフの導かれた3人が交差するとき物語が始まる・・・

■考察と感想と...
安定の説明回。主人公のセリフがめっちゃ棒読み臭いんですけど・・・中の人って新人さん?ググッてみたハーフらしいですが、棒読みなのは日本語が苦手だからじゃないですよね(^_^;)
特定の人物しか動かせないはずのGを主人公がいきなり動かしてましたけど今回のガンダムは「なんだかわからない不思議な力」を使うタイプなんでしょうか?それとも、一応それっぽい理論の基づいたものなんでしょうか?多分前者でしょうね。訳の分からない発光とかしてましたし。
先行配信版でAパートは視聴済みだったんですが、あんまり主人公が好きになりそうにないです。敵が攻めてきたときなぜ喜ぶ?
タイトルの「レコンギスタ」は中世イベリア半島での国土回復運動を指す「レコンキスタ」に由来する造語だそうです。気になったのは作画がエウレカっぽいのはいいとして、キャラデザや建物の色彩が古臭く感じたこと・・・前作のAGEは散々だったらしいですが今回はどうなんでしょう?
主人公は優等生にすれば魅力が出るって訳じゃないですが、ベルリくんは視聴者の♥を掴むことができるのか・・・とりあえずガンダムはちょっとダサいwwwちょっと青を強調しすぎかな?あとはガンダムの象徴の角の位置が変なことが問題っぽい。

■まとめと次回予告と...
先行放送(配信)で15分やってしまった為か初回は1、2話同時放送です。
どうやら、主人公がヒロインに一目惚れパターンですね。・・・・あれ?仲良くしてる彼女いなかったっけ?浮気?浮気なの・・・!?それとも、ベルリの主張は「向こうがかってに彼女のつもりでいる」かな・・・・ますますベルリ株が大暴落です。

では次回 第2話「G-セルフ起動!」につづく。


関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダム Gのレコンギスタ TV初回1時間SP
ガンダム GのレコンギスタのTV初回1時間SPを見ました。 第1話 謎のモビルスーツ 宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。 R.C.1014年。 地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、キ...
ガンダム Gのレコンギスタ「第1話 謎のモビルスーツ」
ガンダム Gのレコンギスタ「第1話 謎のモビルスーツ」に関するアニログです。
「ガンダム Gのレコンギスタ」1話にある富野・出崎・宮崎の結合点
TV版「ガンダム Gのレコンギスタ」1話を視聴。 注目したいのはベルリとアイーダの初対面のシーン。 アイーダをじっくり見つめるベルリ。 ベルリはここでアイーダに一目惚れしてしまう。 このシーンで面白いのは通常の時間の流れとは違うこと。 ベルリの主観的時間をイメージBGを使いながら、 ベルリから見たアイーダが一目惚れするほど鮮烈だった事を描いている。 ...
ガンダム Gのレコンギスタ 第1話「謎のモビルスーツ」 キャプ付感想
冨野監督による、ひさびさの宇宙世紀を舞台にしたガンダムの続編。  宇宙世紀も終焉を迎えた未来が舞台。  冨野節でしゃべるキャラたちの群像劇が面白そうですね!  宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共に このまま続いて行くものだと思われていた。 R.C....
[新]ガンダム Gのレコンギスタ 第1話・第2話
[新]ガンダム Gのレコンギスタ 第1話・第2話 『謎のモビルスーツ』『G-セルフ起動!』 ≪あらすじ≫  宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。  新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。  R.C.1014年。  地上からそびえ立つ地球と宇宙...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。