魔弾の王と戦姫 第2話「帰還」

魔弾の王と戦姫 第2話「帰還」 です。

<キャスト>
ティグルヴルムド=ヴォルン:石川界人
エレオノーラ=ヴィルターリア:戸松遥
ティッタ:上坂すみれ
リムアリーシャ:井口裕香
ソフィーヤ=オベルタス:茅野愛衣
リュドミラ=ルリエ:伊瀬茉莉也
アレクサンドラ=アルシャーヴィン:小松未可子
エリザヴェータ=フォミナ:小林ゆう
ヴァレンティナ=グリンカ=エステス:原田ひとみ
ルーリック:興津和幸
マスハス=ローダント:飯島肇
バートラン:菅生隆之
ザイアン=テナルディエ:木村良平

<スタッフ>
原作:川口士
監督・シリーズ構成・脚本:佐藤竜雄
アニメーション制作:サテライト
製作:魔弾の王と戦姫製作委員会

<オープニングテーマ>
「銀閃の風」
作詞:坂井竜二 / 作曲・編曲:鈴木ヤスヨシ
歌:鈴木このみ

<エンディングテーマ>
「Schwarzer Bogen」
作詞:LINDEN / 作曲・編曲:片山修志
歌:原田ひとみ

<イントロダクション>
ブリューヌ王国とジスタート王国が両国の国境にあるディナント平原で激突したディナントの戦いは当初のブリューヌ王国の圧倒的な勝利という予想を大きく覆し、ジスタート王国にいる七戦姫の一人『銀閃の風姫(シルヴフラウ)』こと『エレオノーラ=ヴィルターリア(エレン)率いるジスタートの勝利で終戦。ブリューヌ王国の伯爵位の貴族の少年ティグルヴルムド=ヴォルン(ティグル)は、味方の逃亡を手助けする為にエレンを討ち取ろうとするものの失敗、彼女の捕虜となる。

出会うはずのなかった二人の出会いがブリューヌとジスタ-トのみならず、周辺の国々を巻き込み後の世に語り継がれる程の英雄譚の始まりになるとはまだ誰も知る由もなかった。

■第2話とストーリーと...
エレンの捕虜となったティグルは、決死の覚悟で潜入してきた老臣バートランと再会。ブリューヌの有力貴族テナルディエ公爵の軍が、故郷アルサスに侵攻を開始したという事実を知る。急ぎ故郷へと帰還しようとするティグルだったが、その前に立ちはだかったのはエレンだった。エレンは、ティグルの捕虜という立場を無視した行動よりも、無計画にテナルディエに立ち向かおうとする姿勢に疑問を投げかける。その問いかけにティグルが導き出した答え、それはエレンの想像を超えたものだった。「頼みがある――兵を貸してくれ!」

■考察と感想と...
ドラゴンを貸し出されて事で最高にハイっ!てやつになったザイアン・・・ここまでゲスキャラもある意味では好感を持てる・・・・こいつには最低な死を与えてやらねばなるまいて。そばかすのせいでゲス顔に拍車がかかってますね。

自分から見惚れるように催促しておいて、素直な返事が返ってくるととたんに恥ずかしくなるエレオノーラ・・・これはいいツンデレキャラが登場したものです。ヒロインのはずですがどうもヒロイン力ではティッタやアリーシャに負けてる気がしますね。ツンもデレもまだ中途半端です。やはり羞恥心に疎いのが決定的でしょうか?純粋にティグルに想いを寄せるティッタ、現在”ツン”しかないアリーシャ・・・・現時点ではティッタが一枚上手か!?
それにしてもまるでエロアニメのような作画です・・・(原作はラノベらしいですが、キャラデザってエロゲにも使われてそう(^_^;))


エロ過ぎ(//∇//)

■まとめと次回予告と...
飛んでくる矢を素手でキャッチするなんてチートすぎ( ̄▽ ̄;)!!今回手にした黒い弓にはどんなチート能力が隠されてるのやら・・・

では次回 第3話「甦る魔弾」 につづく。



関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔弾の王と戦姫「第2話 帰還」
魔弾の王と戦姫「第2話 帰還」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。