ハピネスチャージプリキュア 第41話「ミラージュのために!ファントム最後の戦い!」 

ハピネスチャージプリキュア 第41話「ミラージュのために!ファントム最後の戦い!」  です。

<キャスト>
愛乃めぐみ(キュアラブリー):中島愛
白雪ひめ(キュアプリンセス):潘めぐみ
大森ゆうこ(キュアハニー):北川里奈
氷川いおな(キュアフォーチュン):戸松遥

リボン:松井菜桜子
ぐらさん:小堀幸
ブルー:山本匠馬

クイーンミラージュ:國府田マリ子
ディープミラー:井上和彦
ナマケルダ:金尾哲夫
ホッシーワ:岡村明美
オレスキー:子安武人
ファントム:野島裕史
氷川まりあ(キュアテンダー):小林沙苗
サイアーク:増元拓也


<スタッフ>
原作:東堂いづみ
シリーズ構成:成田良美
キャラクターデザイン:佐藤雅将
制作協力:東映
制作:東映アニメーション



<オープニングテーマ>
「ハピネスチャージプリキュア!WOW!」
作詞:青木久美子/作曲:小杉保夫/編曲:大石憲一郎
歌:仲谷明香

<エンディングテーマ>
「プリキュア・メモリ」
作詞:只野菜摘/作曲:小杉保夫/編曲:Dr.Usui
歌:吉田仁美

<イントロダクション>
合言葉は「ハピネス注入」!!
クイーンミラージュ率いる悪の組織・幻影帝国が地球を攻め始めている。世界中の各大陸にプリキュアチームが存在し、暴れるサイアークと食い止め、人々のために戦うプリキュアの情報が今日もニュースで放送されている。
サイアークに侵略されたブルースカイ王国の王女、白雪ひめは逃げるように日本にやってきた。地球の神様ブルーにプリキュアとして戦うように命じられた彼女であったがプリキュアになっても逃げ出してばかり。そんなひめにブルーはプリキュアの仲間探しを進める。そして、ひめが出会った一人の少女、愛乃めぐみ。めぐみの愛のパワーが高まった時、キュアラブリーに変身する!!




■第41話とストーリーと...
ついに世界中に出現したサイアーク。力を蓄え今、その能力を発揮したミラージュを止める為、ハピネスチャージプリキュアはついに幻影帝国に行くことを決意する。
ラブリー、プリンセス、ハニー、フォーチュン・・・分断されるプリキュアチーム。そして、そんなハニーの前にプリキュアハンター・ファントムが立ちはだかる!

■考察と感想と...
ハニー対ファントム・・・・妙に作画に力が入ってますけどファントムと体術で普通に互角とか( ̄▽ ̄;)!!いつの間にこんなに強くなってしまったんでしょう?こんなの私が知ってるハニーじゃない!!こんな風に戦うなんて私のハニーじゃない!!
イノセントプリフィケーションの浄化の光を浴びたのってファントム・・・ティーぷミラーの呪縛から逃れ本当の姿に・・・なんか、すっごいガッカリ感があるんですけど( ̄д ̄)てっきり犬だと思ってたのに妖精だったとは!?たしかにミラージュもプリキュアだったのならその時のパートナーの妖精がいてコチョコチョしてプリカードを出してたわけだけど・・・ん、その時ってスマフォやコーデアイテムなんてあったの?
ファンファンがあれだけ戦えたってことはりぼんやぐらさんも同じように戦えるってことですよね?プリキュアいらなくね?・・・あ、浄化はできないのか。そういえば今、プリカードってどれだけ集まってるの?

■まとめと次回予告と...
次回、三幹部との最後の決戦です。サイアークではなく本人が戦うようです。すっかり肉弾戦が多くなってアニメが変わってます。・・・前回、最後通告されたはずですが、まだ健在だったんですね。三幹部(^_^;)


では次回 第42話「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部」 につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハピネスチャージプリキュア!「第41話 ミラージュのために!ファントム最後の戦い!」
ハピネスチャージプリキュア!「第41話 ミラージュのために!ファントム最後の戦い!」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。