fc2ブログ

ハピネスチャージプリキュア 第47話「ありがという誠司!愛から生まれる力」

ハピネスチャージプリキュア 第47話「ありがという誠司!愛から生まれる力」 です。

<キャスト>
愛乃めぐみ(キュアラブリー):中島愛
白雪ひめ(キュアプリンセス):潘めぐみ
大森ゆうこ(キュアハニー):北川里奈
氷川いおな(キュアフォーチュン):戸松遥

リボン:松井菜桜子
ぐらさん:小堀幸
ブルー:山本匠馬

クイーンミラージュ:國府田マリ子
ディープミラー:井上和彦
ナマケルダ:金尾哲夫
ホッシーワ:岡村明美
オレスキー:子安武人
ファントム:野島裕史
氷川まりあ(キュアテンダー):小林沙苗
サイアーク:増元拓也


<スタッフ>
原作:東堂いづみ
シリーズ構成:成田良美
キャラクターデザイン:佐藤雅将
制作協力:東映
制作:東映アニメーション



<オープニングテーマ>
「ハピネスチャージプリキュア!WOW!」
作詞:青木久美子/作曲:小杉保夫/編曲:大石憲一郎
歌:仲谷明香

<エンディングテーマ>
「プリキュア・メモリ」
作詞:只野菜摘/作曲:小杉保夫/編曲:Dr.Usui
歌:吉田仁美

<イントロダクション>
合言葉は「ハピネス注入」!!
クイーンミラージュ率いる悪の組織・幻影帝国が地球を攻め始めている。世界中の各大陸にプリキュアチームが存在し、暴れるサイアークと食い止め、人々のために戦うプリキュアの情報が今日もニュースで放送されている。
サイアークに侵略されたブルースカイ王国の王女、白雪ひめは逃げるように日本にやってきた。地球の神様ブルーにプリキュアとして戦うように命じられた彼女であったがプリキュアになっても逃げ出してばかり。そんなひめにブルーはプリキュアの仲間探しを進める。そして、ひめが出会った一人の少女、愛乃めぐみ。めぐみの愛のパワーが高まった時、キュアラブリーに変身する!!




■第47話とストーリーと...
絶望の赤い星が地球に接近する中ハピネスチャージプリキュアは地球とそして誠司を救うため赤い星へ突入する。彼女達の前に立ちはだかる誠司・・・はたしてめぐみは誠司を取り戻す事ができるのか・・・!?

■考察と感想と...
「愛は幻」ってレッドは口癖のように言ってますがなんだかんだ言ってその“愛”に一番こだわってるのはレッドだったりするのでは?
個人的にやっぱりイノセントフォームはあんまり好きになれない・・・中学生が無理に化粧してる感がどうしても拭えないです。ケバいメイクさえなければ可愛いのに。
ショタ誠司が氷川道場に行った日・・・いおなちゃんと誠司もなんだかんだでそんな小さな頃からの付き合いなんですね。この二人も充分に幼なじみです。二人は幼いころから拳で語り合ってた仲なのにいおなちゃんは誠司には惚れなかったのかな?まぁ、この頃から誠司がめぐみを好きなことに気づいてたみたいですし、それはそれでまた、昼ドラのような展開になってしまいますが・・・
誠司を元に戻すため総攻撃のプリキュア達・・・いや、これ普通に誠司死ぬわwww赤い星に突入してますが、プリキュアはまぁ平気として今誠司が元に戻ったら死ぬんじゃない?呼吸できなくなってw(^_^;)って思ったら負けですね、きっと。

ブルーとの一件のせいでめぐみがどんなに誠司に対して“愛”を語ったところで薄っぺらくなってしまいます。ブルー→誠司への乗り換えまでの時差が短すぎます。つい最近までブルーの事しか考えられなくて失恋して大泣きしたばかりですからね。新しい恋が始まるにしても“幼なじみ”の誠司はないです。結局、安牌で収まるのってことになってしまいます。
そしてレッドの憎しみの原因がブルーへの嫉妬ってことですよね?

■まとめと次回予告と...
ラブリーさん、地雷踏んでしましました(^_^;)激おこのレッド・・・最終的にレッドがめぐみに惚れちゃったらやだな~

では次回 第48話「憎しみを超えて!誕生!フォーエバーラブリー」 につづく。
関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハピネスチャージプリキュア!「第47話 ありがとう誠司!愛から生まれる力!」
ハピネスチャージプリキュア!「第47話 ありがとう誠司!愛から生まれる力!」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
RSSリンクの表示
ランキング一覧
Twitter

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。