アブソリュート・デュオ 第2話「絆双刃(デュオ)」

アブソリュート・デュオ 第2話「絆双刃(デュオ)」 です。

<キャスト>
九重透流:松岡禎丞
ユリエ=シグトゥーナ:山本希望
リーリス=ブリストル:山崎はるか
穂高みやび:今村彩夏
橘巴:諏訪彩花
九十九朔夜:堀江由衣
月見璃莵:田村ゆかり
長倉伊万里:戸松遥
トラ:花江夏樹
タツ:川原慶久

<スタッフ>
原作:柊★たくみ(MF文庫J『アブソリュート・デュオ』/KADOKAWA メディアファクトリー刊)
原作イラスト:浅葉ゆう
監督:中山敦史
シリーズ構成:鴻野貴光
キャラクターデザイン:佐野恵一
総作画監督:佐野恵一、田中紀衣
アニメーション制作:エイトビット
製作:アブソリュート・デュオ製作委員会


<オープニングテーマ>
「Absolute Soul」
作詞:坂井竜二  作曲:若林充  編曲:村井大
歌:鈴木このみ

<エンディングテーマ>
「Believe×Believe」
作詞:SugarLover  作曲:齋藤悠弥 編曲:N@oki、齋藤悠弥
歌:ユリエ・シグトゥーナ(CV:山本希望)

「アップルティーの味」
作詞:永塚健登  作曲・編曲:楊慶豪  
歌:ユリエ・シグトゥーナ(CV:山本希望)&リーリス・ブリストル(CV:山崎はるか)

「2/2」
作詞:高瀬愛虹  作曲・編曲: 白戸佑輔
歌:穂高みやび(CV:今村彩夏)&橘巴(CV:諏訪彩花)

<イントロダクション>
《焔牙(ブレイズ)》・・・それは超化された精神力によて自らの魂を具現化させて創りだす武器。千人に一人と言われる《焔牙》の特性を持ったものに先頭教育を教える学校・昊陵学園では生徒達が《絆双刃(デュオ)》と呼ばれるパートナー制で絆を結び共に魂を高め合う。今、《焔牙》が武器の形ではなく防具・・・《楯(シールド)》の形をとってしまた《異能》の少年、九重透流と銀色の髪をもつ少女、ユリエ=シグトゥーナの物語の幕が上がる。

魂を灼き尽くし、俺はキミの《楯》になる



■第2話とストーリーと...
無事、昊陵学園への入学を果たした透流・・・本来なら武器を形取るはずの《焔牙》が楯を形成してしまうからは早くも学園の話題になっていた。そして、授業当日、昊陵学園の決まりとして《絆双刃(デュオ)》と呼ばれるパートナーと一緒に行動しなけらばならないのだがなんと彼の《絆双刃》となったのは銀髪の少女・ユリエ=シグトゥーナだった・・・

■考察と感想と...
・朝おきたら女の子が同じベッドに潜り込んでる。
・委員長っぽい女の子がいきなり話しかけてきてご飯を一緒に食べる。
・転んだどさくさににフ●ラする
・そしてそのお礼にクン●してあげる

・・・・なんかどっかで見たことあるようなシーンの連続なんですが。これどこのTo LOVEる?すでにラッキースケベだはなく確信犯ですね。男も女も・・・。
戦闘シーンが(今回は組手?)だったけどあまり迫力っていうか緊迫感がないんですよね。その原因として挙げられるのは1話で語った「《焔牙》で戦っても相手を傷つける事はできない」って設定があるからかな?傷つくのは魂だけって言ってたけどそのへんの制約はどのような扱いなのかまだ分かりません。少なくとも1話で戦った人たちは誰もなんともなかったようですが・・・ただの茶番劇?
ラスボスは先生か?

■まとめと次回予告と...
2話ではまだ伊万里ちゃんの再登場はなし・・・アスなんとかさんとキリトさんのコンビは実現さえず・・・か。

では次回 第3話「復讐者(アヴェンジャー)」 につづく。

ブレイズとかデュオとか・・・訳のわからないルビはやめてほしいな・・・アヴェンジャーって聞くとどうしてもアンリ・マユを思い浮かべてしまう。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アブソリュート・デュオ「第2話 絆双刃(デュオ)」
アブソリュート・デュオ「第2話 絆双刃(デュオ)」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。