ハピネスチャージプリキュア 第49話「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」

ハピネスチャージプリキュア 第49話「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」 です。

<キャスト>
愛乃めぐみ(キュアラブリー):中島愛
白雪ひめ(キュアプリンセス):潘めぐみ
大森ゆうこ(キュアハニー):北川里奈
氷川いおな(キュアフォーチュン):戸松遥

リボン:松井菜桜子
ぐらさん:小堀幸
ブルー:山本匠馬

クイーンミラージュ:國府田マリ子
ディープミラー:井上和彦
ナマケルダ:金尾哲夫
ホッシーワ:岡村明美
オレスキー:子安武人
ファントム:野島裕史
氷川まりあ(キュアテンダー):小林沙苗
サイアーク:増元拓也


<スタッフ>
原作:東堂いづみ
シリーズ構成:成田良美
キャラクターデザイン:佐藤雅将
制作協力:東映
制作:東映アニメーション



<オープニングテーマ>
「ハピネスチャージプリキュア!WOW!」
作詞:青木久美子/作曲:小杉保夫/編曲:大石憲一郎
歌:仲谷明香

<エンディングテーマ>
「プリキュア・メモリ」
作詞:只野菜摘/作曲:小杉保夫/編曲:Dr.Usui
歌:吉田仁美

<イントロダクション>
合言葉は「ハピネス注入」!!
クイーンミラージュ率いる悪の組織・幻影帝国が地球を攻め始めている。世界中の各大陸にプリキュアチームが存在し、暴れるサイアークと食い止め、人々のために戦うプリキュアの情報が今日もニュースで放送されている。
サイアークに侵略されたブルースカイ王国の王女、白雪ひめは逃げるように日本にやってきた。地球の神様ブルーにプリキュアとして戦うように命じられた彼女であったがプリキュアになっても逃げ出してばかり。そんなひめにブルーはプリキュアの仲間探しを進める。そして、ひめが出会った一人の少女、愛乃めぐみ。めぐみの愛のパワーが高まった時、キュアラブリーに変身する!!




■第49話とストーリーと...
覚醒した“フォーエバーラブリー”・・・ラブリーとレッドの最後の戦いが始まる!

■考察と感想と...
最終回のためだラブリーの作画に力入りすぎですね・・・最初からこのレベルで行ってればもう少し楽しめたんですが・・・JCがを連呼してましたがさすが中の人がまめぐなだけはありますね。愛を押し付けすぎると“重い”って言われるんですよね・・・結局、愛を語りながら物理で殴ってるし(^_^;)
過去のプリキュアシリーズで一番ショボイ動機のラスボスでしたが最終的に改心してブルー、ミラージュと共に旅立つんですね・・・ていうか、ここでレッドを許しちゃったら今まで犠牲になった人たちってなっとくできるんでしょうか?レッドは簡単に言うと嫉妬心から八つ当たりしてたわけですからね・・・犯罪者にありがちな動機のの「むしゃくしゃしてやった」と何が違うのか?ここはレッドを滅ぼしておくべきでしょう・・・
其れは兎も角・・・三幹部たちが地球人だったことにはかなりビックリしました。あれ、この人たちってミラージュと一緒に封印されてたんじゃないの?しかも、前科がモロバレしてるし・・・社会復帰無理だと思うんですがww
エピローグでそれぞれのハピネスに向かって歩みだしたわけですが、なんだかんだで一番の勝ち組はゆうゆうですね。彼氏を家に連れ込んじゃいました。ファンファン人型になれるんか~い!!
ひめ×いおなルートで結局めぐみと誠司は幼馴染から変わらずですね。・・・それでいいのか?

■まとめと次回予告と...
『ハピネスチャージプリキュア』・・・全49話、完結です。ここまで長い話数を書き上げたのは初めてです。途中、プライベートが忙しくて更新できない時期とかもあったけど、まとめて書く事で遅れを取り戻したりもしましたね。

作画が崩れた事もあったけど、私、プリキュアが大好きです。特にいおなちゃんが大好きです。


次回から『Go!プリンセスプリキュア』が始まります。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハピネスチャージプリキュア!「第49話 愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」
ハピネスチャージプリキュア!「第49話 愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。