冴えない彼女の育てかた  第4話「予算と納期と新展開」

冴えない彼女の育てかた  第4話「予算と納期と新展開」 です。

<キャスト>
安芸倫也:松岡禎丞
澤村・スペンサー・英梨々:大西沙織
霞ヶ丘詩羽:茅野愛衣
加藤恵:安野希世乃
氷堂美智留:矢作紗友里
波島出海:赤﨑千夏
波島伊織:柿原徹也

<スタッフ>
原作・シリーズ構成・脚本:丸戸史明(ファンタジア文庫/KADOKAWA 富士見書房BC)
キャラクター原案:深崎暮人
監督:亀井幹太
キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬智章
制作:A-1 Pictures
製作:冴えない製作委員会

<オープニングテーマ>
「君色シグナル」
作詞:春奈るな、増谷賢  作曲・編曲:増谷賢
歌:春奈るな

<エンディングテーマ>
「カラフル。」
作詞・作曲・歌:沢井美空

<イントロダクション>
オタク高校生の「安芸倫也」は桜舞い散る坂道で、ある少女と運命的な出会いをする。インスピレーションを受けた倫也は、その少女をメインヒロインにしたギャルゲーの制作を思いつき、同学年の美術部エース「澤村・スペンサー・英梨々」と学年一位の優等生の先輩「霞ヶ丘詩羽」をスタッフに迎えようと邁進する。
そんなある時、倫也は運命的な出会いをした少女が、特に目立たない普通のクラスメイトの女子「加藤恵」だったことを知り、愕然とする。倫也は加藤恵をゲーム中で絶対的なヒロインにしようと決意するのだが・・・



■第4話とストーリーと...

「それにしても、いまだに信じられないな……
これを書いたのが、あの霞ヶ丘先輩だなんて」


霞ヶ丘 詩羽、その正体は、シリーズ累計50万部突破『恋するメトロノーム』原作者、超人気女子高生ラノベ作家、霞詩子である。

次回作も期待されているのだが、全くプロットが進んでいない。
そんな彼女のもとに、編集部よりインタビューの仕事が舞い込む。乗り気ではない詩羽だったが、その相手が意外な人物であると知り・・・!?

■考察と感想と...
布教用は大事だよね・・・でも、この主人公の収入源ってなんだっけ・・・バイトとかしてる?それとも人気ブロガーらしいから広告収入とかかな?まさか、親のスネかじって「布教用」とか偉そうなこと言ってないよね?なら、考えを改め直したほうがいいと思うよ。ゲーム作りだってどうせ薄っぺらい信念しかないんだろうし・・・布教用配る前に電車内ではしゃぐなよ。オタクとかどうか以前にまず他人に迷惑をかけない生き方を選びな。
なんだかんだ揉めても結局、ツンデレとヤンデレもサークルに参加してギャルゲー作りが始まったわけだけど、主人公のウザさがストーリーが進むごとに増している。

・・・ここまでウザイラノベ主人公も珍しい。ヒロインについて熱く語ってますけどハーレムルート主人公には何言われても心に響きません。


■まとめと次回予告と...
男と会うことを責めてたのに、(ギャルゲヒロインらしくないとかなんとか・・)デートじゃないなら自分と行こうって矛盾してるよね・・・気づいてる?

では次回 第5話「すれ違いのデートイベント」 につづく。


関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冴えない彼女の育てかた「第4話 予算と納期と新展開」
冴えない彼女の育てかた「第4話 予算と納期と新展開」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。