アルドノア・ゼロ 第19話「楽園の瑕 —Here to There—」 

アルドノア・ゼロ 第19話「楽園の瑕 —Here to There—」 です。

<キャスト>
界塚伊奈帆:花江夏樹
アセイラム・ヴァース・アリューシア:雨宮天
スレイン・トロイヤード:小野賢章
ライエ・アリアーシュ:三澤紗千香
網文韻子:小松未可子
カーム・クラフトマン:村田太志
ニーナ・クライン:加隈亜衣
界塚ユキ:大原さやか
鞠戸孝一郎:中井和哉
耶賀頼蒼真:鳥海浩輔
ダルザナ・マグバレッジ:茅野愛衣
不見咲カオル:嶋村侑
レムリナ・ヴァース・エンヴァース:夏川椎菜
エデルリッゾ:水瀬いのり
ザーツバルム:大川透

<スタッフ>
原作:Olympus Knights
監督:あおきえい
ストーリー原案:虚淵玄
シリーズ構成:高山カツヒコ
キャラクター原案:志村貴子
キャラクターデザイン・総作画監督:松本昌子
アニメーション制作:A-1 Pictures + TROYCA

「オープニングテーマ」
「&Z」
作詞 :澤野弘之・mpi  作曲・編曲:澤野弘之
歌:SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki

「エンディングテーマ」
「GENESIS」
歌:藍井エイル

<あらすじ>
1972年、アポロ計画の最中に月で地球と火星を繋ぐ古代文明の遺産「ハイパーゲート」が発見された。地球はレイレガリア博士を中心とする調査団を火星に派遣するが、徐々に火星開拓民と地球側との軋轢が増加。1985年、レイレガリア博士は自らを皇帝と称し、火星に「ヴァース帝国」を建国する。1999年、新皇帝となったレイレガリアの息子、ギルゼリアが地球に対し宣戦を布告する。しかし、突如ハイパーゲートが暴走を起こし月が砕ける大惨事「ヘブンズ・フォール」が発生。ギルゼリアの戦死も伴い、2000年に地球と火星間で休戦が結ばれた。そして2014年、休戦から10年以上が経った今も地球側と火星側の和平交渉が進められていた。




■第19話とストーリーと...
アセイラム姫の新たな宣言の元、志新たに集結する火星騎士たち。スレインは、反目する勢力への牽制も含めて新たな作戦を実行する。一方、連合軍上層部に召喚されたマグバレッジ艦長は、デューカリオンに対する評価を悟る。そして、新たな作戦を命じられる。

■考察と感想と...
アセイラム姫が眠っているのをいい事にやりたい放題のスレイン・・・偽姫が結婚と建国宣言をした瞬間に本物が目覚めてしまった訳ですが、スレインにとっては最悪のタイミングで姫が目覚めてしまいましたね。
しかし、記憶が曖昧の様子・・・この姫の症状、スレインにとって吉とでるか凶とでるか!?これから建国の為に危険分子の排除とか色々忙しくなりそうなのにアセイラム姫の介護でそれどころではなくなりそうですが。
記憶が曖昧の姫ですが、伊奈帆の事は心の中に残っている様子・・・・スレインの嫉妬が凄そうですね。
そんなスレインを一途に想うレムリナ姫・・・・この状況は彼女の未来は破滅以外にありえなくなってきてます。不必要となったことでスレインに撃たれるか、スレインを惑わす者としてハークライトに刺されるか、それともスレインと無理心中するか・・・・それとも、モブ扱いされてお亡くなりになるか。そんなところでしょうか?


■まとめと次回予告と...
偽アセイラム姫(スレイン)の建国宣言の影響か、連携して攻撃してくる火星騎士たち・・・いままでずっと領土争いしてたのにいち早く連携してきた3人の火星騎士たちは退場確定?踊らされてる事に気づいてないとか。火星騎士の無能さが際立ってきてます。

では次回 第20話 「名誉の対価 —The Light of Day—」 につづく

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。