響け!ユーフォニアム 第7話「なきむしサクソフォン」

響け!ユーフォニアム 第7話「なきむしサクソフォン」 です。

<キャスト>
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
田中あすか:寿美菜子
小笠原晴香:早見沙織
中世古香織:茅原実里
塚本秀一:石谷春貴
後藤卓也:津田健次郎
長瀬梨子:小堀幸
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
斎藤葵:日笠陽子
黄前麻美子:沼倉愛美
松本美知恵:久川綾
滝 昇:櫻井孝宏

<スタッフ>
原作:武田綾乃 (宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』)
監督:石原立也
シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン:池田晶子
シリーズ演出:山田尚子
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会

<オープニングテーマ>
「DREAM SOLISTER」
作詞:唐沢美帆/作曲・編曲:加藤裕介
歌:TRUE

<エンディングテーマ>
「トゥッティ!」
歌:北宇治カルテット【黄前久美子(CV:黒沢ともよ) 加藤葉月(CV:朝井彩加) 川島緑輝(CV:豊田萌絵) 高坂麗奈(CV:安済知佳)】

<あらすじ>
燦き、高らかに鳴り響く管楽器達。期待を胸に、主人公・久美子は北宇治高校の門をくぐる。しかし、登校初日の入学式で久美子が目にしたのは、今にも萎れそうな朝顔のような楽器の演奏。そんな中、久美子は生来の性格より北宇治高校吹奏楽部に入部することになるが、彼女に待ち受けていたのは想像だにしない嘗ての強豪校であった吹部の凋残。生徒達は、「全国大会に行く」という目標を掲げ、顧問である滝昇の指導のもと日々練習に明け暮れるが、その実際はトラブルの連続であった。これは、そんな少女たちの青春や葛藤模様を描いた物語である。

響け!ユーフォニアム 2

■第7話とストーリーと...
オーディション、そしてコンクールに向けて部員たちも練習に熱が入る。
そんな時、上手く吹けない葵に滝は「いつまでに吹けるようになるのか」と問いかける。
滝の問いかけに葵は……。吹奏楽部に衝撃が走る。

■考察と感想と...
オーディションに向けてそれぞれが練習に励む中、部員の中にはその雰囲気についていけず退部を決意するものも・・・・しかし、それは心から退部したいわけではなく受験などやむを得ない事情や後ろめたさもあるようです。
・・・遡ること1年前・・・当時の1年生と2年生の衝突。それが原因でやる気のあった1年生が退りました。しかも、半ば追い出される形で・・・その事情を知っているのに今更自分達だけ全国なんて目指すことはできない。確かにその通りではあります。部の傾向が変わったなら辞めた部員達はどうなるのでしょう?・・・一番報われないのはその人達かもしれません。

うまくやっていそうに見えたも色々問題を抱える吹奏楽部。部員同士の確執は滝先生では解決不可能?

なんだかだんだんとゆーふぉのポニテちゃんが可愛くなってきちゃってるんですけど(〃ω〃)やる気も少しずつついてきてるみたいですしおすし。彼女のライバルは久美子ですね。キャリアでは久美子に負けてるけど頑張って欲しい。
最初はやる気のなさそうな描写が目立っていましたが根はいい人だと思う。少なくともかつての部員を追い出した当時の3年生よりは!



■まとめと次回予告と...
マジで葉月ちゃん、秀一くんにLOVEだったのか?例の事件以前にもなんとなくそんな描写がありましたが・・・・このアニメはあくまで吹奏楽の活動がメインなのでラブコメ展開があってもそれほど濃くは描かれないと思いますが。だってメインは久美子×麗奈ですもんねww

・・・・さて、くるのか?修羅場展開!?



そして、次の曲がはじまるのです。




関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

響け!ユーフォニアム「第7話 なきむしサクソフォン」
響け!ユーフォニアム「第7話 なきむしサクソフォン」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。