やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-続- 第8話「それでも、比企谷八幡は。」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-続- 第8話「それでも、比企谷八幡は。」 です。

<キャスト>
比企谷八幡:江口拓也
雪ノ下雪乃:早見沙織
由比ヶ浜結衣:東山奈央
一色いろは:佐倉綾音
比企谷小町:悠木碧
戸塚彩加:小松未可子
葉山隼人:近藤隆
材木座義輝:檜山修之
折本かおり:戸松遥
平塚 静:柚木涼香
雪ノ下陽乃:中原麻衣
城廻めぐり:浅倉杏美
三浦優美子:井上麻里奈
海老名姫菜:ささきのぞみ
川崎沙希:小清水亜美
戸部 翔:堀井茶渡
鶴見留美:諸星すみれ
相模南:寿美菜子

<スタッフ>
原作:渡 航
キャラクター原案:ぽんかん⑧
監督:及川啓
シリーズ構成:菅 正太郎
キャラクターデザイン:田中雄一
音楽:石濱 翔(MONACA)、高橋邦幸(MONACA)
音響監督:本山 哲
アニメーション制作:feel.

<オープニングテーマ>
「春擬き」
作詞:やなぎなぎ / 作曲・編曲:北川勝利
歌:やなぎなぎ

<エンディングテーマ>
「エブリデイワールド」
作詞:藤林聖子 / 作・編曲:黒須克彦
歌:雪ノ下雪乃(CV:早見沙織)&由比ヶ浜結衣(CV:東山奈央)

<あらすじ>
過去のトラウマと、独自のひねくれた思考回路によって「ぼっち生活」を謳歌しているように見える比企谷八幡は、ひょんなことから生活指導担当教師、平塚 静に連れられ「奉仕部」に入部する。
同じ部に所属する息を呑むほどの完璧美少女・雪ノ下雪乃や、クラスの上位カーストに属するギャル・由比ヶ浜結衣とともに、クラスメイトの人間関係の問題の解決から文化祭実行委員の運営に至るまで、数々の案件をこなす毎日をすごしていた。
季節は移ろい、秋。八幡ら2年生は修学旅行に行くことに。そんな中、奉仕部に持ち込まれた依頼とはいったい!?
新登場の一色いろはも加わって、彼らの関係もさらに複雑さをみせ始める。
――八幡のやさぐれた価値観も少しずつ変化せざるをえない、そんな経験を通し、果たしてこの先、彼の高校生活はどんな展開を迎えるのか!?


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-続- 1






■第8話とストーリーと...
「もう、無理して来なくてもいいわ…」。雪乃の言葉に、自分のやり方への苦悩を深くする八幡。平塚はそんな八幡を愛車に乗せ夜の美浜大橋に連れ出しやさしく諭すように語る。「君は人の心理を読み取ることには長けているな。けれど感情は理解していない」。そして平塚の彼を思いやる優しい言葉から、八幡がたどりついた答えとは!? その行動が奉仕部の3人の関係に新たな一歩を踏み出させる…!

■考察と感想と...
平塚先生がマジでいい女なんですが・・・・なんで、結婚してないんでしょう?八幡の言う通り、周りの漢に見る目がない?ずっとぼっちで周囲を観察していた八幡はやはり見る目はありますね。クリスマスイベントの問題点をしっかりと理解していました。そして、それを解っているのは八幡独り。

八幡が初めて吐露した自分の本音にさすがのいろはすも茶化すことはできなかったようです。普段なら「キモッ!」の一言で片付けそうです。中学時代の折本が聞いたらクラスメイトの笑いのネタにしそう・・・。
いろはすが真剣に受け取ったのは彼女もまた八幡の理解者の一人だからでしょうか・・・。

すれ違いが続いていた“奉仕部”・・・八幡の依頼によって再び動き出します。

■まとめと次回予告と...
本編でい感じの話をしていたのに予告で台無しに・・・ほとんどの社会人にとってクリスマスは仕事です。だって普通の平日だし・・・(^_^;)


では次回 第9話「そして、雪ノ下雪乃は」 につづく。



関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。