のんのんびより りぴーと 第6話「ホタルと仲よくなった」

のんのんびより りぴーと 第6話「ホタルと仲よくなった」 です。

<キャスト>
宮内れんげ:小岩井ことり
一条蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小鞠:阿澄佳奈
宮内一穂:名塚佳織
加賀山楓:佐藤利奈
宮内ひかげ:福圓美里

<オープニングテーマ>
「こだまことだま」
作詞・作曲:きみコ/編曲:nano.RIPE&福富雅之
歌:nano.RIPE

<エンディングテーマ>
「おかえり」
作詞・作曲:ZAQ/編曲:松田彬人
歌:宮内れんげ(CV:小岩井ことり)/一条蛍(CV:村川梨衣)/越谷夏海(CV:佐倉綾音)/越谷小鞠(CV:阿澄佳奈)

<あらすじ>
「旭丘分校」の生徒はたった5人。
学年も性格も違うけれど、お花見をしたり、川で遊んだり、いもほりをしたり、かまくらを作ったり・・・
いつも一緒に春夏秋冬の変わりゆく田舎生活を楽しんでいます。
穏やかで何気ないけれど、笑えて、ほろっとして、心があたたかくなる。
そんなゆるやかでやさしい時間が再びはじまります。


のんのん


■第6話とストーリーと...
学期末の大掃除の日、越谷夏海は一条蛍と共に菜園の雑草取りと水やりの担当になった。夏海はふと、蛍と二人きりになることがほとんど無かった事に気付き、何を話せばいいのか分からなくなる。とっさに様々な話題を振る夏海だったが……。そして夏休みに入り皆で宿題を始めた旭丘分校の生徒たちだったが、早速飽きてしまう。そんな中、蛍の親が花火を買ってきてくれると聞きテンションの上がる一同だったが・・・

■考察と感想と...
なんか、このほたるんは知らない・・・アニメの話で最高にハイな感じになってます。いくら見た目が高校生でも中身はまだ小5の女の子ですからね。でも、小中学生の女の子でアニメの話題で注意しなければいけないのは世代間ギャップ。
同じアニメでもみてるシリーズが違うので話が合わないことがあります。有名な川柳でこんなのがありますよ

プリキュアを 娘卒業 父現役

まさに、真理です。なんか次のプリキュアシリーズではあやねるに出演してほしくなりました。

最近、ホタル見てないですね。田舎は不便だけどたまにのんびりしたくなるのもまた悲しい現実です。



■まとめと次回予告と...
このアニメ見てると『ぼくなつ』がやりたくなる。やったことないけど・・・

では次回 第7話「思いきって飛び込んだ」 につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。