のんのんびより りぴーと 第7話「思いきって飛び込んだ」

のんのんびより りぴーと 第7話「思いきって飛び込んだ」 です。

<キャスト>
宮内れんげ:小岩井ことり
一条蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小鞠:阿澄佳奈
宮内一穂:名塚佳織
加賀山楓:佐藤利奈
宮内ひかげ:福圓美里
富士宮このみ:新谷良子
石川ほのか:高垣彩陽

<オープニングテーマ>
「こだまことだま」
作詞・作曲:きみコ/編曲:nano.RIPE&福富雅之
歌:nano.RIPE

<エンディングテーマ>
「おかえり」
作詞・作曲:ZAQ/編曲:松田彬人
歌:宮内れんげ(CV:小岩井ことり)/一条蛍(CV:村川梨衣)/越谷夏海(CV:佐倉綾音)/越谷小鞠(CV:阿澄佳奈)

<あらすじ>
「旭丘分校」の生徒はたった5人。
学年も性格も違うけれど、お花見をしたり、川で遊んだり、いもほりをしたり、かまくらを作ったり・・・
いつも一緒に春夏秋冬の変わりゆく田舎生活を楽しんでいます。
穏やかで何気ないけれど、笑えて、ほろっとして、心があたたかくなる。
そんなゆるやかでやさしい時間が再びはじまります。


のんのん


■第7話とストーリーと...
田舎の遊びにも徐々に慣れてきた一条蛍だったが、橋の上から川に飛び込む遊びは怖くて出来そうになかった。秘密基地で遊んだあと家に帰ると、東京にいた時の友だちから手紙が届いていた。その中には皆で行った遊園地の写真が入っていて蛍は懐かしい気持ちになり…。宮内家ではひかげが実家に帰省しており、東京タワーの写真を妹のれんげに自慢していた。れんげは最近写真に凝っていて撮りに行きたいと頼むのだが・・・

■考察と感想と...
まだまだ続く夏休み・・・・羨ましいですね。夏休みか~そんな都市伝説がたしかありましたね。ひか姉が都会の生活に疲れて完全におっさん化しています。このマッサージやりながら喋ってるダミ声って福圓さんどうやってだしてるんだろうwwwちゃんと・・・声が・・・振動してるよ。
れんちょんとのお人形遊び・・・ひか姉はいやいややってたけど駄菓子屋だったら文句言いながら一緒に楽しんでやりそうですよね。だから、駄菓子屋は家族よりれんちょんになつかれてる。ばぶばぶにテレがあるぞ、ひか姉。

橋からのダイブは今やったら川底に激突しそうだな・・・浅すぎて水はクッションになるまい・・・・深いところは泳げないから普通に死ぬ・・・

■まとめと次回予告と...
次は過去編?赤ちゃんのれんちょんが出てくるってことは駄菓子屋との絡みが見れるか!?

では次回 第8話「給食当番をした」 につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。