機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第9話「盃」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第9話「盃」 です。

<キャスト>
三日月・オーガス:河西健吾
オルガ・イツカ:細谷佳正
ビスケット・グリフォン:花江夏樹
ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎
昭弘・アルトランド:内匠靖明
ノルバ・シノ:村田太志
タカキ・ウノ:天﨑滉平
ライド・マッス:田村睦心
ヤマギ・ギルマトン:斉藤壮馬
クーデリア・藍那・バーンスタイン:寺崎裕香
アトラ・ミクスタ:金元寿子
フミタン・アドモス:内山夕実
メリビット・ステープルトン:田中理恵
名瀬・タービン:鳥海浩輔
アミダ・アルカ:田中敦子
ラフタ・フランクランド:日笠陽子
アジー・グルミン:國立幸
マクギリス・ファリド:櫻井孝宏
ガエリオ・ボードウィン:松風雅也

<スタッフ>
企画:サンライズ
原作:矢立 肇 富野 由悠季
監督:長井龍雪
シリーズ構成:岡田 麿里
キャラクターデザイン原案:伊藤 悠
キャラクターデザイン:千葉 道徳
制作協力:創通・ADK
製作:サンライズ・MBS


<オープニングテーマ>
「Raise your flag」
作詞: Kamikaze Boy、Jean-Ken Johnny / 作曲:Kamikaze Boy / 編曲: MAN WITH A MISSION
歌: MAN WITH A MISSION

<エンディングテーマ>
歌:MISIA

<世界観>
かつて「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争があった。その戦争が終結してから、約300年。

地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。仮初めの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつあった。

主人公の少年、三日月・オーガスが所属する民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(以下:CGS)は、地球の一勢力の統治下にある火星都市クリュセを独立させようとする少女、クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を受ける。しかし、反乱の芽を摘み取ろうとする武力組織ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSは、三日月ら子供たちを囮にして撤退を始めてしまう。少年達のリーダー、オルガ・イツカはこれを機に自分たちを虐げてきた大人たちに反旗を翻してクーデターを決意。オルガにギャラルホルンの撃退を託された三日月は、CGSの動力源として使用されていた「厄祭戦」時代のモビルスーツ、ガンダム・バルバトスを用いて戦いに挑む。



ガンダム

■第9話とストーリーと...
テイワズの代表、マクマード・バリストンに会うため、名瀬に連れられてテイワズの本拠地である歳星を訪れる鉄華団。そこでオルガは名瀬から意外な提案を受ける。

■考察と感想と...
アミダ姉さんが漢の愛についてアトラに語ってたけど、例え話が伝わらずかみ合わず・・・・やっぱり、アトラは天然。天然系女子が鉄華団には2人・・・・天然っていうよりは世間知らず?

クーデリアに自分の将来は自分で選択すべきだと諭す三日月・・・・三日月は最初に人を殺した時にした選択、彼が守りたいのは自分の居場所じゃなくて家族が活きる場所・・・・自分は救われなくてもかまわない(資格がない)と考えてるのかも。

売り上げを使い、息抜きのために子供たちには美味しい食べ物、そして、漢たちは夜の街へ・・・・ほとんどが童貞卒業したんですね。

バルバトスを整備できると最高にハイッ!になるテイワズの整備士・・・・バルバトスはかなり昔の機体のはずですがMSの技術はあまり進歩してないんですね。オーバーテクノロジー?失われた技術?バルバトス、完全復活か。今まで整備不備状態みたいなもので戦ってたことになるんですね。阿頼耶識システムすごい。

なんかただの任侠アニメになってしまった(^^;

■まとめと次回予告と...
三日月はアルファベットより漢字の方が好み・・・・日系の血が入ってるのかな?

では次回 第10話につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ「第9話 盃」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ「第9話 盃」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。