GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第13話「開宴」

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第13話「開宴」 です。

<キャスト>
伊丹耀司:諏訪部順一
テュカ・ルナ・マルソー:金元寿子
レレイ・ラ・レレーナ:東山奈央
ロゥリィ・マーキュリー:種田梨沙
ピニャ・コ・ラーダ:戸松遥
ヤオ・ハー・デュッシ:日笠陽子
栗林志乃:内田真礼
黒川茉莉:明坂聡美
富田章:安元洋貴
倉田武雄:石川界人
ゾルザル・エル・カサエル:小西克幸
テューレ:小清水亜美
菅原浩治:興津和幸
桑原惣一郎:山本兼平
柳田明:遊佐浩二
葵梨紗:南條愛乃
シェリー・テュエリ:日高里奈
デリラ:楠田亜衣奈
メイア:西明日香
ミューティ:Lynn
ハミルトン・ウノ・ロー:葉山いくみ
ボーゼス・コ・パレスティー:内山夕実

<スタッフ>
原作:柳内たくみ(アルファポリス刊)
原作イラスト:Daisuke Izuka、黒獅子(文庫版)
キャラクターデザイン・総作画監督:中井準
監督:京極尚彦
シリーズ構成:浦畑達彦
制作:A-1 Pictures
製作:ゲート製作委員会

<オープニングテーマ> 
「GATE〜それは暁のように〜」
作詞・作曲:岸田  編曲:岸田教団&THE明星ロケッツ
歌:岸田教団&THE明星ロケッツ

「GATE II 〜世界を超えて〜」
作詞・作曲:岸田
歌: 岸田教団&THE明星ロケッツ

<エンディングテーマ>
「ぷりずむコミュニケート」」
作詞・作曲・編曲:山田高弘
歌:テュカ&レレイ&ロゥリィ(金元寿子&東山奈央&種田梨沙)

「いつだってコミュニケーション」
歌:テュカ&レレイ&ロゥリィ(金元寿子&東山奈央&種田梨沙)

gate1.png





■第13話とストーリーと...
講和への道を模索する日本政府とピニャ。その一環として、帝国の郊外にある皇室庭園で園遊会が開催されていた。招かれたのは、帝国貴族である元老院議員とその家族たち。講和交渉への協力を得るため、力を持つ議員を一家一族丸ごと招待したのだ。
おいしい食事が振る舞われ楽団の演奏が流れる中、迫撃砲の実演や自動小銃の射撃体験が実施され、その圧倒的な性能に驚愕した議員たちは講和を決意する。
そこへ現われたのは、主戦派であるピニャの義兄ゾルザルとその部下。不穏な動きを察知した伊丹は、事前に議員を秘密裏に離脱させていた。

■考察と感想と...
特地に派遣された自衛隊。その特地と呼ばれる異世界に足を踏み入れることになった自衛官・伊丹耀司は様々な出会いと戦いを経験した。一方、特地を支配する帝国の皇女・ピニャは「ニホン」との接触を契機に講和への道を模索するようになる。しかし、いまだ多くの火種が至る所に存在するのであった・・・・

伊丹が自衛隊の迷彩服じゃなくて特地の正装?を着ている・・・・が、恐ろしいほどに会ってないwwwこの国には「漫画」という文化はないため黄色、渦巻き状のモノが何を意味するのか理解できるものが少ないんですね、子供は純心なためかなんとなく察してるようで直球の感想を投げてきます。「かっこ悪い(笑)」と・・・・

ニホンと特地の火種の一つとも言える人物が2クール目から登場。ピニャの腹違いの兄であるゾルザル・エル・カサエル・・・・はっきり言って現時点での印象は己の欲しか示さない暴君です。どっかの征服王が「自身の欲を示してこそ王」みたいなことを言ってますがそれは個々の資質が関わってくるんではないでしょうか?性欲と支配欲が一緒になると見るに堪えない。

講和への路を徐々に進める外務省の菅原浩治がなぜか幼女とのフラグを成立させ「なにやっとんねん?コイツ!?」とツッコまずにはいられなかったのですが、彼はいたってロリコンではない・・・たぶん。
外交交渉には自国の軍事力を魅せつけて危機感を煽るのも一つの重要な手段です。 (最近では北朝鮮が水爆実験に成功したってニュースが有名…その真意はたぶんろくでもないことだろうけど)ニホンの軍事力(正確には日本の場合は防衛力?)を見てお気楽な貴族たちも顔面蒼白・・・・もし戦争になったら敗北は必至なことに気づきました。この時点で(登場した特地の人物で)自国の不利に気づいてないのは現国王とバカ殿くらいでしょうか?

会談の場に自分の威厳を見せつけようと出向いたゾルザル・・・・父が皮肉ったようにやったことはマジで餌を漁ってきただけでした。さすがはバカ殿・・・・何しに来たのかわかりません。「不味そうだ」なんて嫌味を言ったくせにその場にあった食料を強奪・・・・やってることは盗賊と変わらないんですが・・・・こいつに和平会談とか無理ですね。頭が足りない・・・・・

1クール目は特地の中世時代のような時代背景が描かれてましたが2クール目からそこからえぐくなってきます。娼婦、奴隷、人身売買、種族間の差別意識・・・妖精や神様が共存するファンタジー世界の特地にもこちらの世界と変わらない闇があります。
本来なら特地はニホンとの講和なんてやってる余裕はないのかも・・・・自身の世界の住人たちですら差別意識はなくなっていないのだから・・・・

■まとめと次回予告と...
突如、地震に見舞われた特地・・・・ピニャ達の言動からこの地では地揺れはおそらく何百年も起きてはいないのでしょう・・・・火山地帯では時々あるようですが。
はじめて経験する地震がどのような恐怖心を与えるかは東日本の震災などで割と想像しやすいのではないでしょうか?獣人族の感覚・・・・あなどりがたし!?もし、鳥や犬たちが言葉を話せたら震災の被害はかなり抑えられるかも。

では次回 第14話

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第13話 開宴」
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第13話 開宴」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。