fc2ブログ

無彩限のファントム・ワールド 第11話「ちびっ子晴彦くん」

無彩限のファントム・ワールド 第11話「ちびっ子晴彦くん」 です。

<キャスト>
一条晴彦:下野紘
川神舞:上坂すみれ
和泉玲奈:早見沙織
水無瀬小糸:内田真礼
ルル:田所あずさ
熊枕久瑠美:久野美咲
諸橋翔介:坂口大介
姫野アリス:井上喜久子

<スタッフ>
原作:秦野宗一郎
原作イラスト:しらび
監督:石原立也
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクターデザイン・総作画監督:池田和美
美術監督:渡邊美希子
色彩設計:宮田佳奈
小物設定:唐田洋
ファントムデザイン:澤真平
撮影監督:中上竜太
音響監督:鶴岡陽太
音楽:EFFY
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:無彩限の製作委員会

<オープニングテーマ>
「Naked Dive」
歌:SCREEN mode

<エンディングテーマ>
「純真Always」
歌:田所あずさ

<イントロダクション>
『ファントム』・・・幽霊・妖怪・UMAなど、人々がそれまで幻だと思い続けてきた存在。
その「ファントム」に対抗するため、学院に設置された「脳機能エラー対策室」。
そこに所属する一条晴彦は先輩の川神舞と共に、ファントム退治に日々悪戦苦闘していた。彼らのもとに今日もまた依頼が舞い込んでくる。

魅惑誘惑幻惑学園異能ファンタジー。


むさいげん1


■第11話とストーリーと... 
夜、阿頼耶識社で拾った謎のデバイスを修理していた晴彦。修理道具を探そうとクローゼットの中を漁っていると、小学生の頃に書いた作文が出てくる。こんなことを書いていたんだな……と過去を懐かしんだのち、晴彦は眠りについた。
翌朝、起きたらなんと体が小さくなっていた!?
身体も記憶も小学生になった晴彦。小学生のままホセア学院に登校するが……。

■考察と感想と...
今回も食べ放題にやってきた晴彦達・・・この店も出禁になりますね。凄い量食べてます。店員さん、使ったお皿は下げましょう・・・。

朝起きると・・・ショタ化していた晴彦!?姿だけじゃなくて記憶も子供になってしまったようす。体は子共頭脳は大人のどっかの名探偵とは違うようです。

ショタの晴彦・・モテ期到来です。この学校はショタしかいないのか!?って突っ込みたくなりますが、これは男が全員ロリコンであるのと同じ性癖ですね。責めるのはやめましょう。

ショタ晴と舞姉さん・・・相性悪いようですね。口うるさい所帯じみたショタ・・・殴りたいwwいつもの残念知識の晴彦よりショタ晴のほうがキャラが立ってて好きなんですけどこの違いは一体?(中の人?)
舞の危機に高校生の姿に戻った晴彦・・・激おこです。

特委能力者は過去に辛い経験をした人が多いのかな・・・しかし、ショタ晴は可愛かった。冗談じゃなく、ずっとそのままでいればいいのに。
舞の疲労描写はあんまり書かれませんでしたが結構無理してますよね。疲労から能力が使えなく危機になったにに反応して晴彦はもとに姿に戻りましたが舞がかなり疲れてることは他のメンバーはまだ知りません。

そろそろ最終回だからその辺の描写で終了かな?

■まとめと次回予告と...
そろそろ舞の過去がきそうです。

では次回 第12話につづく。

関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無彩限のファントム・ワールド「第11話 ちびっ子晴彦くん」
無彩限のファントム・ワールド「第11話 ちびっ子晴彦くん」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
RSSリンクの表示
ランキング一覧
Twitter

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。