蒼の彼方のフォーリズム 第11話「わたし負けない!」

蒼の彼方のフォーリズム 第11話「わたし負けない!」 です。

<キャスト>
倉科明日香:福圓美里
鳶沢みさき:浅倉杏美
有坂真白:山本希望
市ノ瀬莉佳:米澤円
日向晶也:逢坂良太
青柳窓果:若林直美
青柳紫苑:近藤孝行
佐藤院麗子:種田梨沙
真藤一成:興津和幸
保坂実里:儀武ゆう子
各務葵:緒方恵美
乾沙希:高森奈津美
イリーナ・アヴァロン:水橋かおり
有坂牡丹:生天目仁美

<スタッフ>
原作:sprite
監督:追崎史敏
キャラクター原案:鈴森
キャラクターデザイン:中野圭哉
シリーズ構成:吉田玲子
総作画監督:中野圭哉、小池智史
アニメーション制作:GONZO
コピーライト表記:©sprite/久奈浜学院FC部

<オープニングテーマ> 
「Contrail〜軌跡〜」
歌:川田まみ

<エンディングテーマ>
「a-gain」
歌: Ray

<イントロダクション>
反重力を発生させるシューズ通称“グラシュ”の発明により人が簡単に空を飛ぶことができるようになった世界。久奈浜学院に転入した倉科明日香は、同級生の蔦沢みさきや日向晶也との出会いを通じてグラシュを使った新興スカイスポーツフライングサーカス(通称FC)を知りその魅力に惹かれていく。
学園のFC部に入部した明日香は仲間たちと共に、時にはぶつかり、励まし合い、それぞれの目標に向かいながら強力なライバルに立ち向かっていく。・・・・・・目指すは、夏の大会!



蒼の彼方の1-1




■第11話とストーリーと...
打倒乾沙希を目指した猛特訓を経て、いよいよ始まった秋季大会。
試合前に健闘を誓い合った真白と莉佳は、お互いの全力をぶつけ合う。その様子に明日香、みさき達も触発され、気合を入れる。
一方、その試合に無関心なイリーナと沙希は、優勝する事で自分達の"美しく完璧なFC"を認めさせる事を誓う…。


■考察と感想と...
始まった秋季大会・・・イリーナと沙希が目指すのは“美しく完璧なFC”・・・これは一波乱ありそうなよかんです。

順調に勝ち進んでいく明日香、みさき、ましろ・・・その辺のモブに負けることもなく主要キャラどうしの熱い戦いが続いています。

大会二日目・・・みさき対沙希。これまでずっと冷静に無表情で戦ってきた沙希でしたが、この戦いで彼女に変化が!?「バチバチしよう」と沙希を煽るみさき・・・ていういか、いつの間にか普通にエアキックターン使いこなしてますね。まぁ、子供のころ野良試合で晶也を倒したなにげに天才なみさきですからね。そのくらいは当然か。
しつこくバチバチしてくるみさきに徐々に戦術を乱される沙希・・・みさきが対沙希対策に身に着けたのは背面飛行です。常に相手の上空を制しポイントを稼ぐ沙希のバードケージは背中が取れなければポイントを得ることができません。しかし、背面飛行は何気に高等技術・・・原作では猛特訓の末身に着けた技(らしい)ですがその辺の経緯が全カットされてます。

自分のFCをどこまでも貫くみさきに感化されたのかあまりドックファイトを行わない沙希が自分から攻め始めます。彼女のFCはむかし憧れたFCの選手の再現です。これは裏を返せば沙希はずっと「自分のFCを見せていない」ということになります。
沙希の真のプレイスタイルはスピードでもバードケージでもなくドックファイトなんでしょういか?逃げずに挑んでくるみさきに「ドックファイトで勝ちたい」葛藤を抱く乾沙希。

イリーナと沙希の完璧なコンビネーションに亀裂が!?


■まとめと次回予告と...
ドックファイトでみさきに勝った沙希にイリーナはご不満なようす。イリーナがここまで「美しいFC」にこだわる理由とは!?

では次回 第12話につづく

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。