GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第23話「空挺降下」

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第23話「空挺降下」 です。

<キャスト>
伊丹耀司:諏訪部順一
テュカ・ルナ・マルソー:金元寿子
レレイ・ラ・レレーナ:東山奈央
ロゥリィ・マーキュリー:種田梨沙
ピニャ・コ・ラーダ:戸松遥
ヤオ・ハー・デュッシ:日笠陽子
栗林志乃:内田真礼
黒川茉莉:明坂聡美
富田章:安元洋貴
倉田武雄:石川界人
ゾルザル・エル・カサエル:小西克幸
テューレ:小清水亜美
菅原浩治:興津和幸
桑原惣一郎:山本兼平
柳田明:遊佐浩二
葵梨紗:南條愛乃
シェリー・テュエリ:日高里奈
デリラ:楠田亜衣奈
メイア:西明日香
ミューティ:Lynn
ハミルトン・ウノ・ロー:葉山いくみ
ボーゼス・コ・パレスティー:内山夕実
ジゼル:佐倉綾音
アルペジオ・エル・レレーナ:高垣彩陽
シャンディー・ガフ・マレア:大久保瑠美

<スタッフ>
原作:柳内たくみ(アルファポリス刊)
原作イラスト:Daisuke Izuka、黒獅子(文庫版)
キャラクターデザイン・総作画監督:中井準
監督:京極尚彦
シリーズ構成:浦畑達彦
制作:A-1 Pictures
製作:ゲート製作委員会

<オープニングテーマ> 
「GATE〜それは暁のように〜」
作詞・作曲:岸田  編曲:岸田教団&THE明星ロケッツ
歌:岸田教団&THE明星ロケッツ

「GATE II 〜世界を超えて〜」
作詞・作曲:岸田
歌: 岸田教団&THE明星ロケッツ

<エンディングテーマ>
「ぷりずむコミュニケート」」
作詞・作曲・編曲:山田高弘
歌:テュカ&レレイ&ロゥリィ(金元寿子&東山奈央&種田梨沙)

「いつだってコミュニケーション」
歌:テュカ&レレイ&ロゥリィ(金元寿子&東山奈央&種田梨沙)

gate1.png







■第23話とストーリーと...
帝都では薔薇騎士団と帝国兵との間で、同胞同士の戦闘が続いていた。被害者が増え続ける中、講和の芽を守るべく、翡翠宮にいる日本人と、講和派貴族を救出する空挺降下作戦を決行する自衛隊。
先行する特戦群は帝都西門を確保し、第3偵察隊は講和派議員が囚われているバスーン監獄を制圧。空挺部隊が降下を開始し、落下傘が空を埋め尽くす。
一方、ピニャが囚われの身となっていることを知った伊丹は、救出のため帝都に急いでいた。

■考察と感想と...
翡翠宮の同胞と亡命者を救うためついに動き出す自衛隊・・・・2週間前からスタンばってました^^戦いが始まって自衛隊側が圧勝って描写になってましたが、原作では自衛隊側にもそれなりに犠牲者がでてます。武力の差は歴然ですが兵力では帝国側が圧倒的に上です。数で押し切られたらすべてを躱すのはさすがに不可能・・・
自軍の犠牲は最小限に、そして敵には最大の損害・・・戦争とはそういうものです。

自衛隊のその戦術に戦慄する無能王・ゾルザル・・・自分だけ逃げだそうと思考してるその時、テューレに煽られその機会を逃す・・・すべてはテューレの掌の上です。

旧第3偵察隊の面々も作戦に参加・・・翡翠宮制圧完了。妊娠中のボーゼスさんも頑張ってます。妊娠中なのに馬で滑走し落馬し、とても身体に負担がかかってますが、お腹のお子さんは大丈夫ですか?

特地の女性陣(可愛い娘ばっかり)と自衛隊の人々・・フラグ立ちまくりで裏山けしからん!

男勝りな男装の麗人・パナシュ、お姫様抱っこされて完全にメスの顔になってます。白薔薇様がデレました…親子ほども年の離れた男に。なんでも“漢”を感じたそうです。

爆発しろ!!


■まとめと次回予告と...
最終話はピニャ救出です

では次回 第24話「斯く戦えり」 につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第23話 空挺降下」
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第23話 空挺降下」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。