無彩限のファントム・ワールド 第12話「母は帰りぬ」

無彩限のファントム・ワールド 第12話「母は帰りぬ」 です。

<キャスト>
一条晴彦:下野紘
川神舞:上坂すみれ
和泉玲奈:早見沙織
水無瀬小糸:内田真礼
ルル:田所あずさ
熊枕久瑠美:久野美咲
諸橋翔介:坂口大介
姫野アリス:井上喜久子

<スタッフ>
原作:秦野宗一郎
原作イラスト:しらび
監督:石原立也
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクターデザイン・総作画監督:池田和美
美術監督:渡邊美希子
色彩設計:宮田佳奈
小物設定:唐田洋
ファントムデザイン:澤真平
撮影監督:中上竜太
音響監督:鶴岡陽太
音楽:EFFY
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:無彩限の製作委員会

<オープニングテーマ>
「Naked Dive」
歌:SCREEN mode

<エンディングテーマ>
「純真Always」
歌:田所あずさ

<イントロダクション>
『ファントム』・・・幽霊・妖怪・UMAなど、人々がそれまで幻だと思い続けてきた存在。
その「ファントム」に対抗するため、学院に設置された「脳機能エラー対策室」。
そこに所属する一条晴彦は先輩の川神舞と共に、ファントム退治に日々悪戦苦闘していた。彼らのもとに今日もまた依頼が舞い込んでくる。

魅惑誘惑幻惑学園異能ファンタジー。


むさいげん1



■第12話とストーリーと... 
今やホセア学院でも一目置かれる存在となった晴彦たち。昔のダメチームが嘘のように、輝かしい成果をあげていた。そんな中、街では晴彦たちと同じ特異能力者が次々と襲われる事件が発生する。しかも襲われた能力者は、その能力が失われるという。
安全を期しての集団下校中、晴彦たちにビーチエンジェルズの悲鳴が響いてくる。慌てて駆けつけた晴彦たちの目の前に現れたファントムは……。

■考察と感想と...
「人間がイメージする存在はみんなファントムになりえる」
昔話やおとぎ話・・・しらゆきひめ シンデレラ うらしまたろう 花さかじいさん もファントムとして具現化する。
スタンド名:ボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)
【破壊力-なし/スピード-なし/射程距離-∞/持続力-A/精密動作性-なし/成長性-なし】
・アニメ・印刷物・劇画など全ての絵画のキャラクターをこの世に実在化させる。実現化されたキャラクターを目撃した時、そのキャラクターが好きな場合魂をキャラクターの世界に引きずり込まれ、キャラクターとしてストーリーを追体験できる。 しかし、追体験する物語やキャラクターは選ぶことができず、魂は追体験するキャラクターと同じ結末を迎える。

晴彦 、舞、玲奈 、小糸 、久瑠美 ・・・ずいぶんチームワークが良くなりましたね。学園内での人気も上々・・・・何話前か忘れたけど晴彦が手に入れた謎の機械・・・そうえばフラグ回収していませんでした。すっかり忘れてた。

クライマックスにてようやくギャグじゃないタイプのファントムが襲撃?もっと早くこういうのを出してください。そうすれば、「学生のアルバイト」感覚のファントム退治なんてなくなるのに。

エニグマ・・・『能力を奪う』。特質系能力者か・・・・。
1:相手の能力を直接見る
2:唇を介し能力を移すことができる。

晴彦の元に突然帰ってきた母・・・晴彦の母について語られた時ってありましたっけ?晴彦を捨てて男に走った淫乱です。どう考えても偽物か罠か洗脳されてるか・・・


晴彦の能力を奪うため、母親の肉体を操り近づいてきたエニグマ・・・・晴彦の能力を奪い逃走。

次回へ続く。

■まとめと次回予告と...
晴彦の能力が奪われたのと同時に意識を失ったルル・・・。ルルが晴彦の前に現れる理由、もしかしてルルは晴彦が具現化したファントム!?

では次回 第13話につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無彩限のファントム・ワールド「第12話 母は帰りぬ」
無彩限のファントム・ワールド「第12話 母は帰りぬ」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。