政宗くんのリベンジ 第8話「君じゃないんだ」

政宗くんのリベンジ 第8話「君じゃないんだ」 です。

<キャスト>
真壁政宗:花江夏樹
安達垣愛姫:大橋彩香
小岩井吉乃:水瀬いのり
藤ノ宮寧子:三森すずこ
双葉 妙:田所あずさ
朱里小十郎:早見沙織
早瀬絹江:小倉唯
早瀬千夏:大亀あすか
金子園香:伊瀬茉莉也
木場菊音:伊藤かな恵
水野 鞠:佐藤聡美

<スタッフ>
《原 作》竹岡葉月・Tiv (一迅社「月刊ComicREX」連載)
《監 督》湊 未來
《助監督》井上圭介
《シリーズ構成》横手美智子
《脚 本》横手美智子・下山健人
《キャラクターデザイン》澤入祐樹
《音響監督》亀山俊樹
《音 楽》加藤達也
《音楽制作》ランティス

<オープニングテーマ>
「ワガママMIRROR HEART」
歌:大橋彩香

<エンディングテーマ>
「Elemental World」
歌:ChouCho

「まなざしサイレント」(AT-X版)
歌:安達垣愛姫(CV:大橋彩香)&藤ノ宮寧子(CV:三森すずこ)

<ストーリー>
8年前、苛められっ子だった真壁政宗は、自分に「豚足」というあだ名を付けて振った令嬢安達垣愛姫に復讐すべく、過酷なダイエットと筋力トレーニングにより激痩せしてイケメンへと生まれ変わり、苗字まで祖父のものに変えて故郷へと帰ってくる。

文武両道・容姿端麗・明朗活発という三拍子揃った別人になった政宗は、愛姫を惚れさせたうえで「最高の形で捨てる」という「デッド・オア・ラブ作戦」を決行する。しかし、愛姫の付き人である小岩井吉乃に、幼少の頃の「豚足」であることがバレ、計画は破綻するかに思えたが、愛姫への復讐に協力してもらえることになる。

その後、政宗を慕っている病弱の令嬢でノーパンの京娘・藤ノ宮寧子が転校してくるが、政宗は愛姫への復讐を完遂させるために寧子を振る。さらに、愛姫の許婚であり、マサムネの振りをして愛姫の心を掴もうとするポッチャリ系の男子(?)雅宗兼次が転校してくる。


2017年冬


◆第8話とストーリーと...
政宗の携帯に愛姫から着信があった。浮かれる政宗だが、幼いころの政宗と愛姫の写真が自宅からなくなっていることに気が付き、犯人は寧子だと確信する。
真相を確かめようとこっそりと寧子の自室へ忍び込む政宗だったが、寧子に見つかってしまう。寧子は予想外の行動を取るのだが!?


◆考察と感想と...
政宗、寧子の家に襲撃しベットイン!?キスされて、ベットに押し倒されて、理性で振り切る・・・経験のない童貞だから一線を越えるのは無理か・・・・。よく頑張った政宗。

「あんたなんか好きにならないわよ。豚足のくせに」

さすがにアニメ中盤がすぎてるせいか初見の1話の時には気づきませんでしたが、政宗君のリベンジのきっかけのこの言葉・・・・これって残虐姫じゃなくて師匠ですよね?声が水瀬いのりさんですよ(たぶん・・・)

政宗に振られた寧子・・・・家で?してしまいました。しかも、発作を抑える薬を持たずに・・・・彼女が持ってた大量のサプリメント・・・・健康に気を使ってるっていうより本当に必要な薬だったんですね。(双じゃないかと思ってたけど・・・)

個人的には愛姫ちゃんより寧子派なんだけどな~。そして寧子よりも委員長派です。

◆まとめと次回予告と...
>

では次回 第9話「愛とも恋ともいうけれど」 につづく。

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

政宗くんのリベンジ「第8話 君じゃないんだ」
政宗くんのリベンジ「第8話 君じゃないんだ」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。