この素晴らしい世界に祝福を!2 第7話「このふてぶてしい鈍らに招待を!」

この素晴らしい世界に祝福を!2 第7話「このふてぶてしい鈍らに招待を!」 です。

<キャスト>
カズマ:福島潤
アクア:雨宮天
めぐみん:高橋李依
ダクネス:茅野愛衣
ルナ:原紗友里
荒くれ者:稲田徹
ウィズ:堀江由衣
ゆんゆん:豊崎愛生
クリス:諏訪彩花
ミツルギ:江口拓也
セナ:生天目仁美
バニル:西田雅一

<スタッフ>
原作:暁なつめ
原作イラスト:三嶋くろね
監督:金崎貴臣
助監督:吉田俊司
シリーズ構成:上江洲誠
キャラクターデザイン:菊田幸一
美術監督:三宅昌和
アニメーション制作:スタジオディーン
製作:このすば2製作委員会

<オープニングテーマ>
「TOMORROW」
歌:Machico

<エンディングテーマ>
「おうちに帰りたい」
歌:アクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)


<あらすじ>
ゲームをこよなく愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)の人生は、
交通事故(!?)によりあっけなく幕を閉じた……はずだった。
だが、目を覚ますと女神を名乗る美少女・アクアは告げる。

「ねぇ、ちょっといい話があるんだけど。異世界に行かない?
  1つだけあなたの好きなものを持って行っていいわよ」


「……じゃあ、あんたで」

RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!
……と舞い上がったのも束の間、異世界に転生したカズマの目下緊急の難問は、
なんと生活費の工面だった!

さらに、トラブルメーカーの駄女神・アクア、
中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん、
妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、
能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになって、カズマの受難は続く。
そして、そんなある日、カズマ達パーティはついに魔王軍に目をつけられてしまい―――!?

平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?




2017年冬


◆第7話とストーリー...
「お、温泉かー。たまには贅沢して、温泉も悪くないなー」

コタツの一件以来、バニルと組んで商売を画策するカズマ。
そんな折、バニルは商品開発の知的財産権一括譲渡による高額商談を持ちかけてきた。
この商談に早くもセレブ気分のカズマは、もう危険な冒険者稼業なんかしないとのたまわり、(意外にも)魔王討伐を掲げるめぐみんを怒らせてしまう。
すると、さらにごねるカズマとアクアに、めぐみんが唐突に「湯治に参りましょう。水と温泉の都、“アルカンレティア”に」と優しい提案を持ち出す。
街の名前に反応したアクアはすこぶる乗り気、ダクネスも否やはなく、ついでにウィズも一緒に。
カズマたちはついに、アクセルの街から冒険の旅路へ?


◆考察と感想...
アクアとバニル・・・・犬猿の仲のはずなのに妙に仲良く見えるのはなぜだろう?カズマの世界のアイテムをこっちで売って大儲け!って感じで色々開発しました。知的財産権の買い取り価格が3億エリス・・・・・月々の利益還元なら100万エリス!これは商品を逆輸入したカズマが凄いのか、それだけの商才のあるバニルが凄いのか・・・・そかし、各々の便利グッツってこの世界にも探したらありそうなんですけど。

カズマのポッキリいった首の療養の為、水と温泉の都・アルカンレティアへ!(気をつけろ!あそこは魔窟だぞ!!)

ウィズが仕入れてる使えない魔道具の数々ってめぐみんの親父さん作なんでしたっけ?アニメではまだ語られてないですよね。ひょい三郎・・・

アルカンレティアへの道中・・・・何も起きないわけがない!硬いものめがけて突撃していく走り鷹鳶。

硬い筋肉のダクネスのせいでwwww

◆まとめと次回予告...
温泉・・・テコ入れ回・・・・にはなりませんww


では次回 第8話「この痛々しい街で観光を!」 につづく。
関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この素晴らしい世界に祝福を!2「第7話 このふてぶてしい鈍らに招待を!」
この素晴らしい世界に祝福を!2「第7話 このふてぶてしい鈍らに招待を!」に関するアニログです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。