FC2ブログ

世紀末オカルト学院 第9話

世紀末オカルト学院 第9話 「雪のあかり」 です。 


-キャスト-
神代マヤ:日笠陽子
内田文明:水島大宙
中川美風:茅原実里
黒木亜美:高垣彩陽
成瀬こずえ:花澤香菜
JK:子安武人
スマイル:高橋広樹


-スタッフ-
原作・制作:A-1 Pictures
監督:伊藤智彦
シリーズ構成:水上清資
キャラクター原案:麻生我等
キャラクターデザイン・総作画監督:千葉崇洋
美術監督:竹田悠介
世界観設定:末武康光
プロップデザイン:柴山智隆
CG監督:雲藤隆太
プロップデザイン:柴山智隆
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:尾崎隆晴
編集:西山茂
音楽:Elements Garden
音響監督:たなかかずや
音響効果:今野康之
制作協力:XEBEC
製作:アニプレックス・テレビ東京

-主題歌-
オープニングテーマ「フライングヒューマノイド」
作詞・作曲・編曲:松隈ケンタ / 歌:中川翔子
エンディングテーマ「君がいる場所」
作詞:中山真斗 / 作曲・編曲:藤田淳平 / 歌:高垣彩陽



世紀末オカルト学院








<ストーリー>
マヤのクラスで、降霊術の授業が行われる。純一郎の霊を降ろすはずが、実際に現われたのは、幼い少女・あかり。おうちに帰りたい――しくしくと泣くあかりを見て、マヤたちは彼女の家を探してあげることにする。文明も協力すると言い出すが、美風との約束が入ってしまう。美風にデレデレの文明。何となく面白くないマヤ。マヤたちはあかりを連れて町へ繰り出すが…。



みんな待ってた幼女登場。臨死体験とか降霊術とか学校の授業でやるなんてどんだけオカルト取り入れてるんでしょうwwいくら前学長の趣味だからって・・・。

降霊術で前学長をよぼうとしたら現れたのは幼女です予告で歌っていたのはこの娘ですね^^

あかりちゃん(CV:水瀬いのり(新人))。どうりで水○○○で思い浮かばなかったはずです。クレジットで”新人”って入れる必要あるんでしょうか?



あかりちゃんは見える人と見えない人がいるみたいですね。JKには見えないみたいです。でも、ダウジングで位置は分かるので問題ないかなww


いつもよりずっと重い話でした。こんなに幼い子がクリスマス・イヴに凍死とか重すぎです。お父さんとか関わってそうです。涙腺が崩壊しそうです。

JKネタを載せるのは今回は自重しておきます。

コレだけ重い話なので1話では終わりませんでした。次回に続くです。




では次回 第10話 「暖炉のあかり」 に続く。


関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世紀末オカルト学院 第9話 「雪のあかり」 感想
待ちぼうけ―
世紀末オカルト学院 第9話 「雪のあかり」
降霊術の授業で教頭が呼び出したのは、学長でなく女の子でした。 こずえさんにも見える霊のあかりちゃん。 家の帰りたいという少女にマヤは...
世紀末オカルト学院 #09 『雪のあかり』 感想
降霊術の授業で、この世に迷い降りてきてしまった小さな少女。   それがこの女の子、岡本あかり。 もちろん降霊術で現れた彼女は...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。