FC2ブログ

ヨスガノソラ 第6話

ヨスガノソラ 第6話 「アキラメナイヨ」 です。


<キャスト>
春日野 悠:下野 紘
春日野 穹:田口宏子
天女目 瑛:阪田佳代
依媛奈緒:いのくちゆか
渚 一葉:小野涼子
乃木坂初佳:岡嶋妙 
伊福部やひろ:田中涼子 
倉永 梢:峰岸由香里
中里亮平:中國卓郎
ほか

<スタッフ>
原作:Sphere
キャラクター原案:橋本タカシ・鈴平ひろ
監督:高橋丈夫
シリーズ構成:荒川稔久
キャラクターデザイン:神本兼利
音響監督:岩浪美和
音楽:三輪 学・Bruno Wen-li
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーション制作:feel.
製作:奥木染町内会


オープニングテーマ「比翼の羽根」
作詞:riya / 作曲・編曲:菊地創 / 歌:eufonius

エンディングテーマ「ピンキージョーンズ」
作詞:村野直球 / 作曲・編曲:NARASAKI / 歌:ももいろクローバー

挿入歌「ツナグキズナ」
作詞・作曲・編曲:nyanyannya / 歌:Team.ねこかん[猫] featuring 天乙准花

テレビアニメ「ヨスガノソラ」 公式サイト  





<ストーリー>
夏祭り当日、舞台で舞う瑛の目から涙が零れ落ちるのを見た悠は、社務所に駆け付ける。
そこには悠の祖母の『瑛ちゃんと一葉ちゃんは取り違えられた可能性』という一文が書かれた日誌を
燃やそうとしている瑛の姿があった。
翌日、悠は学校で瑛から別れを切り出された。
大切な人を次々と失ってしまった瑛は、悠もいつか自分のもとから離れてしまうのではないかと考えていたのだ。
しかし「永遠になくならないものはあるよ!」という悠は、一葉にすべてを打ち明けてDNA鑑定を申し入れる。
そして一葉もそれを了承するのだった。
悠からDNA鑑定を行なうと告げられた瑛は、一葉や悠とともに、鑑定結果を聞く約束をする。
だが結果が出る当日、瑛は町から逃げ出そうとしていた。
しかし、悠の説得も有り、皆の元に戻った瑛。意外にも彼女の前に現れたのは、一葉の母親であった…。




話が重すぎたせいか、結末はなんだかすっきりした感じでうす。髪の色的に最初の主人公の予想通りかと思いましたが、そこまで単純じゃなかったですね。

髪の色はスタッフの罠でしたwww


そしてやっぱり最後は情事で終わるのか・・・ぶっちゃけ、これなくてもよくね?どうせ地上波では放送できないんですし・・・キャラの台詞をかぶせるのならそのシーンを描いてもらいたいんですが


で、本編の方は初佳ルートに入ったの?そろそろ終わりかと思ったらまだ続くみたい。こっちの最後はハーレムルートとかになりそうな気がするのは私だけでしょうか・・・。


では次回 第7話 「ツミナオトメラ」 に続く。


次の物語は眼鏡ルートのようです。原作は知りませんが評判があまりよろしくないようですよね?この娘・・・・

関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ」
自重しないヨスガノソラ、ヒロイン2人目完結編の巻ですね(笑) ヒロイン毎にサービスあるってことで。 いろいろ変えないといけないから、悠もタイヘンですね~(ぇ)  ▼ ヨスガノソラ 第6話「アキラ...
ヨスガノソラ 第6話 「アキラメナイヨ」 感想
夏祭り当日、舞台で舞う瑛の目から涙が零れ落ちるのを見た悠は、 社務所に駆け付ける。 そこには悠の祖母の『瑛ちゃんと一葉ちゃんは取り違えられた可能性』 という一文が書かれた日誌を燃やそうとし...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
RSSリンクの表示
ランキング一覧
Twitter

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。