今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?13

恒例のピッコロさんのサイト「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の企画に参加させていただきました。

<サイト>

『今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?13』

今回私が評価するのは

1.C
2.そふてにっ
3.よんでますよ、アザゼルさん。
4.戦国乙女 ~桃色パラドックス~
5.あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

です。


<参考>
●評価項目は各5点満点

ストーリー
キャラクター性

演出
音楽
総合的な評価

の6つの項目


●それぞれの評価項目は各5点満点となっております。6項目ありますから、それらを全て加算した総合点は30点満点となります。

5:とても良い 
4:良い 
3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 
1:悪い 
0:かなり悪い

となります。



そして、

ベストキャラクター賞

ベストOP賞

ベストED賞

ベスト声優賞・男性

ベスト声優賞・女性

と続きます。




1:C
<キャスト>
余賀 公麿:内山昂輝
真朱:戸松遥
三國 壮一郎:細見大輔
Q(キュー):後藤沙緒里
ジェニファー・サトウ:浅野まゆみ
真坂木: 櫻井孝宏

<評価>
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
合計:20

■専門用語(経済用語?)が多様されていたようで放送終了後にそれぞれの用語の解説が公式ページで行われていたようですね。見ているときはそれぞれの用語はあまり気にせずに見てました。モバゲーでは「C」のゲームもあったようでそのランキングがEDクレジットにでていました。こういう視聴者参加企画は結構好きだけどあまり参加した事はないです。
ノミタミナ枠のお約束というか多い展開として、それまでのストーリーは面白いのに最終回でグダグダになる傾向がありますが、これもちょっとそんな感じかな?やっぱり全11話でまとめるのは難しいんでしょうか・・・


2:そふてにっ
<キャスト>
春風明日菜:伊藤かな恵
沢夏琴音:喜多村英梨
秋山千歳:伊藤静
冬川来栖:明坂聡美
エリザベス=ウォーレン:矢作沙友里
平岸やよい、うづき:戸松遥
三島木洋:松本忍

<評価>
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
合計:17

■「そふてにっ」のタイトルなのにソフトテニスっをやっていた印象があまりありません。スポーツギャグアニメかな?ソフトテニスを描くというようりは中学生の部活の日常をギャグを交えて描いていくってアニメだった気がします。へたにテニスを描くよりはソッチの方がいいと思います。某テ○ス漫画はもう、スポーツしてないですからね。完全にギャグ漫画に変わってます。(最近読んでないですけど・・・少なくともボールに当って客席まで吹き飛ぶようなものはスポーツ漫画とはいえないでしょう・・・)これは、最初からソフテニアニメとして見てはいなかったのでギャグでOKです^^

3:よんでますよ、アザゼルさん。

<キャスト>
アザゼル:小野坂昌也
佐隈りん子:佐藤利奈
芥辺:浪川大輔
ベルゼブブ:神谷浩史
サラマンダー:中井和哉
アンダイン:小林ゆう
堂珍光太郎:白石涼子
モロク:玄田哲章

<評価>
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
合計:22

■いつも、爆笑してみていました^^プリチーな悪魔、アザゼルさんやべーやん、もっさんなどたくさん登場!!悪魔よりも天使のほうが悪役に見えるアニメ。天使のデザインが酷すぎるのが原因だと思いますがwww悪魔も天使も自分の欲望に正直なのにその辺は不公平だよね。でも、悪魔達の方が好き
最後のオチは今まで見たアニメに照らし合わせてもこれ以上ないくらい酷いwww神谷さんの新しい扉を開けたアニメでしたww


4:戦国乙女 ~桃色パラドックス~
<キャスト>
豊臣ヒデヨシ:日高里菜
織田ノブナガ:豊口めぐみ
明智ミツヒデ:喜多村英梨
伊達マサムネ:平田裕香
今川ヨシモト:持月玲依
徳川イエヤス:明坂聡美
武田シンゲン:國立幸
上杉ケンシン:伊瀬茉莉也

シロ:佐々木望

<評価>
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
合計:18

■簡単にいっちゃうと「なんいうハーレム百合アニメ」。キャラクターが使っていた技は魔法系のなんかなのかな?それ系の力を持ってるならその力使えば1発で解決するのに・・・って思うシーンが結構ありました。アニメは完全に百合路線。なぜかって、キャラクターに男が1人もでてこないから!!
真のハーレムはアフレコ現場です。キャストを見てみると男(オス)が1匹しかいません。佐々木さん、なんて羨ましい現場で仕事をしてるんだ!って思ったのはないしょです。


5:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
<キャスト>
宿海仁太(じんたん):入野自由
本間芽衣子(めんま):茅野愛衣
安城鳴子(あなる):戸松遥
松雪集(ゆきあつ):櫻井孝宏
鶴見知利子(つるこ):早見沙織
久川鉄道(ぽっぽ):近藤孝行

<評価>
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:5
総合的な評価:5
合計:30

■間違いなく春アニメで1番の作品でした。ノイタミナ枠でコレだけの良作に出会えるとは正直驚きです。フジテレビは最近いろいろ騒がれてますがアニメは関係ありませんよね^^涙腺の緩むシーンがたくさんあり今後のノイタミナ枠はプレッシャーだろうなと思わせました。
あなるがクソビッチって匂わせていたのに(じんたん、あなるをビッチ呼ばわりって酷すぎだよね)、オタクで料理できて、可愛くて、中の人とまっちゃんで、おまけに乙女って最高じゃないですか見てない人は是非DVDかブルーレイを買って見るべきです。
タイトルの「あの日見た花の名前」は本編中には直接語られませんでしたが、たぶん”めんま”だったんだと思います。


<ベストキャラクター賞>
アザゼルさん
べーやん(ベルゼブブ931世・ベルゼブブ優一) CV:神谷浩史(よんでますよ、アザゼルさん。)


<ベストOP賞>
ぱんでみっく!! 『よんでますよ、アザゼルさん。』
作詞:nyanyannya / 作曲:sham / 編曲:Team.ねこかん[猫] / 歌:Team.ねこかん[猫] featuring.米倉千尋

<ベストED賞>
secret base ~君がくれたもの~ (10 years after Ver.) 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
作曲・作詞:町田紀彦 / 編曲:とく Sound Produced by estlabo
歌:本間芽衣子(茅野愛衣) 安城鳴子(戸松遥) 鶴見知利子(早見沙織)


<ベスト声優賞・男性>
櫻井孝宏 (あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。、C 他)

<ベスト声優賞・女性>
戸松遥 (あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。、C 、そふてにっ 他)


■ベストキャラクター賞は『あの花』勢力の「めんま」や「あなる」と迷いましたが、『アザゼルさん』のキャラの個性が上回った感じでべーやん にしました。
OP賞は偶然ですが、同じ『アザゼルさん』よりぱんでみっく!! が受賞です。EDがなかった分OPの印象が強かったです。普通に神曲だったと思いますし。
ED賞は『あの花』からsecret base 〜君がくれたもの〜 (10 years after Ver.)。毎回EDへの入り方が反則的によかったです。カバー曲ですがこれも、神曲。
声優賞は櫻井孝宏さん 戸松遥さん。この二人は『あの花』と『C』にも出演しています。両方”ノイタミナ枠”。櫻井さんは真坂木とゆきあつのキャラの違いを見ると笑えてきます。続けて見れるので声優さんの凄さがよくわかり受賞です。とまっちゃんはもう可愛すぎです春はハルカスを堪能できる季節でした。”戸松ハルか”だけに^^


では夏の評価に続く?

関連記事
スポンサーサイト
◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。