FC2ブログ

夏目友人帳 参 第13話 「夏目遊戯帳」

夏目友人帳 参 第13話 「夏目遊戯帳」 です。

<キャスト>
夏目貴志:神谷浩史
ニャンコ先生:井上和彦
夏目レイコ:小林沙苗
名取周一:石田 彰
田沼 要:堀江一眞
笹田 純:沢城みゆき
多軌 透:佐藤利奈
西村 悟:木村良平
北本篤史:菅沼久義
藤原 滋:伊藤栄次
藤原塔子:伊藤美紀

的場静司:諏訪部順一


<スタッフ>
原作:緑川ゆき/月刊 LaLa(白泉社)連載
監督:大森貴弘
シリーズ構成:村井さだゆき
キャラクターデザイン:田晃
妖怪デザイン:山田起生
美術:渋谷幸弘
色彩設定:宮脇裕美
撮影:田村仁
編集:関一彦
音楽:吉森信
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
制作:NAS
製作:「夏目友人帳」製作委員会


<オープニングテーマ>
「僕にできること」
作詞:竹内修、工藤圭一 / 作曲:工藤圭一 / 編曲:松岡トモキ、伊藤隆博、HOW MERRY MARRY
歌:HOW MERRY MARRY(EPIC Records Japan)

<エンディングテーマ>
「君ノカケラ feat 宮本笑里」
作詞:いしわたり淳治 / 作曲:遠藤慎吾 / 編曲:藤本和則
歌:中孝介(EPIC Records Japan)




<あらすじ>
小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志
彼は、祖母レイコが妖怪を子分とする証にその名を書かせた「友人帳」を継いで以来、妖怪達に追われる日々。
自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪達にその名を返すことを決めた夏目は、さまざまな妖怪と出会い、その心を知っていくのだった。
妖との出会いや別れ、そして、心優しい人達の想い―――。
夏目はいつしかたくさんの大切な物ものを手にしていた・・・。




<公式サイト>
夏目友人帳 参





<ストーリー>
テストを終え、次の休みに出かける相談をする夏目たち。どこに遊びに行くか話しているうち、子どもの頃の遊びの話になり、仲間に入れてもらえず見ているだけだった影踏み鬼を思い出す。
翌日、夏目は妖怪たちの宴会に強引に連れて来られ、盛り上がった妖怪たちに、人の子の遊びをやろうと言われる。つい口にした影踏み鬼を妖怪たちとやってみることになるのだが…。


影踏み鬼か・・・地方によってローカルルールがたくさんありそうですね。夕方になると影が長くなって鬼に有利なんですよね。影が短い時間帯はただの、”いじめ”になります。そういえば、私の地方では「影踏み鬼」はあんまりやらなかった記憶があります。外でよくやってたのは、「鬼ごっこ」「白つき」「陣地取り」などでしょうか?こうやって、外で身体を動かして遊ぶのが一番いいですよね。今の子供達って外でて「すれ違い通信」とかになるんでしょうか?技術の進歩って必ずしもいいことがあるとは限らないってことですね。

友人帳の名前を返すシーンって久々な気がします。息を吹いて名前を飛ばす感じが好きです。妖怪と「影踏み鬼」って絶対、呪われそうですけど、時にそれ系のことは起きなかったですね。よかったような、残念なような?
ニャンコ先生の暴走はあったけどww夏目パンチ強すぎじゃね?元の姿のニャンコ先生を一撃って!?最強か!!


『見えることを、疎ましく思ったこともあった。けれど・・・・そのおかげで、こんなにもたくさんの”出会い”をもらえたんだと、今は素直にそう思える』


『大切な友人達。今のオレにとって人も妖も等しくかけがえのない・・・・』


いい話だな~~~。

そして、4期おめでとうございます^^
関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏目友人帳 参 第13話「夏目遊戯帳」
夏目友人帳 参の最終話を見ました 第13話 夏目遊戯帳 寝不足のままテストを終え、教室の掃除をしながら次の休みに出かける相談をする貴志達は行き先の話が、いつの間にか子供の頃の遊びの話になる...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング一覧

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。