FC2ブログ

未来日記 第4話 「手書き入力」

未来日記 第4話 「手書き入力」 です。

<キャスト>
天野雪輝(1st):富樫美鈴
我妻由乃(2nd):村田知沙
火山高夫(3rd):土門仁
来須圭悟(4th):田中正彦
豊穣礼佑(5th):真田アサミ
春日野椿(6th):仙台エリ
戦場マルコ(7th):関智一
美神愛(7th):桑谷夏子
上下かまど(8th):今野宏美
雨流みねね(9th):相沢舞
月島狩人(10th):平松広和
ジョン・バックス(11th):土師孝也
平坂黄泉(12th):川原慶久
秋瀬或:石田彰
日野日向:松岡由貴
野々坂まお:ゆかな
高坂王子:白石稔
デウス・エクス・マキナ:若本規夫
ムルムル:本田愛美


<スタッフ>
企画:安田猛・武智恒雄・井上俊次・太布尚弘
原作・構成協力:えすのサカエ(少年エース連載/角川コミックス・エース刊)
シリーズ構成:高山カツヒコ
キャラクターデザイン:平山英嗣
総作画監督:平山英嗣・岡田万衣子
サブキャラクターデザイン:渡辺るりこ
プロップデザイン:江田恵一
3Dディレクター:石田弘達(アルビオン)
3DCGI:酒井寿一(アルビオン)・原山希(スタジオトゥインクル)
色彩設計:福谷直樹(アルビオン)
美術設定:佐藤正浩(ヘッド・ワークス)
美術監督:徳田俊之(スタジオ・イースター)
撮影監督:藤田智史(スタジオトゥインクル)
編集:伊藤潤一(ジェイ・フィルム)
音響監督:名倉靖
音響効果:倉橋裕宗
音楽:加藤達也
音楽プロデューサー:斎藤滋(ランティス)
企画プロデューサー:伊藤敦
アニメーションプロデューサー:平松巨規
監督:細田直人
音響制作:楽音舎
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:アスリード
製作:12人の日記所有者たち


<オープニングテーマ>
「空想メソロギヰ」
作詞:YUI / 作曲・編曲:橘尭葉
歌:妖精帝國

<エンディングテーマ>
「Blood teller」
作詞:畑亜貴 / 作曲・編曲:中山真斗
歌:飛蘭

<あらすじ>
「刺せないよ、そういう"未来"だもの―――」
未来予知能力者12人によるサバイバルゲーム勃発!


「未来の出来事が書かれた携帯日記=未来日記」の所有者間で繰り広げられる殺人ゲームに巻き込まれてしまった中学生・天野雪輝が主人公のサスペンス・アクション。内向的で冷めている雪輝の成長、雪輝を盲目的に愛する最強のヒロイン・我妻由乃の動向、そして個性的な12人の未来日記所有者によるバトルなどが見所。



<ストーリー>
雨流みねねが新興宗教の教団「お目方教」に拘束された事を知った来須、雪輝、由乃は、早速、教団内に入り込む。教団を率いる「お目方様」、春日野椿に面会した雪輝たち。そこで椿から驚くべき話を聞かされる。


宗教はやばいな・・・・。日記所有者が日記を破壊されると消えちゃうけど千里眼日記って書くスペースがなくなったらどうなるんでしょう?新しいやつに書かれていくのかな?

催眠術って凄いな。みねねがやったことがかわいく見えてくるな。


由乃さんは怖いし、6thがかわいいし、12thは変態だし・・・殺し合いが始まってバイオハザード状態だし・・・もう、めちゃくちゃですね。それよりなにより、みねねの裸が気になって話しに集中できない

本編Cパート ムルムル先生の裏未来日記 第4話 「見える? 春日野椿編」 

ユッキーのエ○本はベットの下か・・・・思春期ならもうちょっと隠し場所を工夫した方がいいですよ。椿かわいいです。


では次回 第5話 「ボイスメモ」 に続く。

関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニコニコ動画配信版 未来日記 4話 手書き入力 感想
配信が始まったので感想を書きます。 今回の話は、 由乃に対して疑心暗鬼なユッキーは 椿の助けになろうとするも何も出来ず。 さらにはデッドエンドフラグがたってしまい、 由乃と一緒に生き残るか、椿と一緒に死ぬか、 究極の選択を迫られてしまうのでした。 という…
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
RSSリンクの表示
ランキング一覧
Twitter

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。