fc2ブログ

カンピオーネ! 第3話「遠方より敵来たる」

カンピオーネ! 第3話「遠方より敵来たる」 です。

<キャスト>
草薙護堂:松岡禎丞
エリカ・ブランデッリ:日笠陽子
万里谷 祐理:花澤香菜
リリアナ・クラニチャール:喜多村英梨
清秋院 恵那:斉藤佑圭
アテナ:小倉唯
甘粕冬馬:松本忍
草薙静花:日高里菜
ナレーション:立木文彦


<スタッフ>
原作:丈月城/イラスト : シコルスキー(集英社スーパーダッシュ文庫刊・「スーパーダッシュ&ゴー!」連載)
監督:草川啓造
副監督:満仲 勧
シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン&総作画監督:石川雅一
クリーチャーデザイン:ヒラタリョウ
色彩設計:海鋒重信
撮影監督:羽田 巧
美術監督:岩瀬栄治
3DCG:studio GX
音響監督:岩浪美和
音響制作:マジックカプセル
音楽:加藤達也
アニメーションプロデュース:バーナムスタジオ
アニメーション制作:ディオメディア


<オープニングテーマ>
「BRAVE BLADE!」
歌:桜川めぐ


<エンディングテーマ>
「Raise」
歌:小倉唯




<ストーリー>
エリカの課した試練を権能で乗り越えた護堂は、世界中の結社から新たなカンピオーネとして認められつつあった。しかし護堂の日常は、熱烈に迫るエリカと、嫉妬に燃える周囲の視線に神経をすり減らされるという、刺激に満ちつつも平凡なものであり、そして彼自身もそれを望んでいた。 そんなある日、護堂は祐理に呼び出され神具「ゴルゴネイオン」を日本に持ち込んだことを問い詰められる。それはローマでエリカより渡されたメダルで、世界規模の災厄を引き起こすと預言された神器であった。そして祐理は霊視で、災厄の渦中に強大なまつろわぬ神・アテナを見出す…!


幼女神と戦うのか・・・・今期ではトップクラスの中二アニメ。キスが生々しいよ・・

舌を入れるな~~~~~~!!ヨダレをたらすな~~~~~~~~~~~!!

万里谷はもう、デレてるのか?

VS幼女神だからそろそろまた、“無限の剣製-アンリミテッドブレイドワークス-”が出るか?


I am the bone of my sword.
(体は剣で出来ている。)

Steel is my body, and fire is my blood.
(血潮は鉄で、心は硝子。)

I have created over a thousand blades.
(幾たびの戦場を越えて不敗。)

Unknown to Death.
(ただの一度も敗走はなく、)

Nor known to Life.
(ただの一度も理解されない。)

Have withstood pain to create many weapons.
(彼の者は常に独り剣の丘で勝利に酔う。)

Yet, those hands will never hold anything.
(故に、その生涯に意味はなく。)

So as I pray,UNLIMITED BLADE WORKS.
(その体は、きっと剣で出来ていた。)



では次回 第4話「まつろわぬアテナ」 に続く。

関連記事
スポンサーサイト



◆◇ここまで読んでくれてありがとう◆◇
この記事が面白かったら ☟ワンクリック☟ とても励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~「第3話 遠方より敵きたる」/ブログのエントリ
カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~「第3話 遠方より敵きたる」に関するブログのエントリページです。
カンピオーネ! #3 遠方より敵来たる レビュー 
いやな予感… 万里谷が髪の毛をとかしていると、クシが折れた。 甘粕は万里谷に護堂絡みの案件で協力を求めてくる。 護堂はエリカに腕を組まれながら登校。 スカイツリーの頂点には
カンピオーネ! 第3話「遠方より敵来たる」
アテナちゃん大胆! (〃∇〃) 世界規模の災厄が迫る危機な展開ですが、 熱烈べろちゅー回でしたw  今回のキスシーンはやばかったですね。 そのうち、キスシーンにも規制がか...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
RSSリンクの表示
ランキング一覧
Twitter

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。